勝手にストーリーが出来ていく感覚を味わう

Print Friendly

■ブログを書き始めるとどうなるか?って
って話を続けます。

【バックナンバー:ブログを書き始めて最初に来る達成感は量】
https://shusbox.com/blog/00041/

【バックナンバー:ブログを続けて1年。「辞めたら全てが終わる」と言う感情が生まれた】
https://shusbox.com/blog/00032/

■100日目までは継続できた日数。
1年目から2年目頃は、「ブログを辞めたら全て木の木阿弥」
と言う感情がありました。

そしてそんなブログ継続2年目を越えた辺りでしょうか?

突然、色んなストーリーが勝手に口を突く

と言う経験を何度もするようになります。

■例えば、人のビジネスのお話を聞く。
すると、

・それこうやって展開したら面白いんじゃな?
・それって、お客さんはこう思うよね?じゃあどうする?
・そのビジネスは、多くの場合こうやって展開するよね?
・そのビジネス、○○と組み合わせたら面白いよね?

なんて言葉が、前触れも無く口を突くのです。

■自分で言いながら良いアイディア言ってんなー
とか、我ながら面白い発想!!

とか良いアイディア出てきた!!

なんて思いながら話しているコトも多い。

■そして聞いている相手は、食事中であっても

ちょっとそれメモさせて貰っていいですか?

っておもむろにノートを取り出して
書き出している。そんな経験を何度もしました。

■700回もそれなりの文章を書くことを
積み重ねていると、

具体的な話を抽象化する。
抽象的な概念を具体例で示す。

具体と抽象の往還。
こんなコトを日々するようになります。

【バックナンバー:具体と抽象でコンテンツ作り】
https://shusbox.com/blog/00032/

■一見何の関係も無い話が繋がって
新しいアイディアが生まれる。

それも意図しても、意図しなくても
出てくる。

話すだけでアイディアが出てくることも
あれば、違う作業をしていて閃くこともある。

アイディアを出そうと思って少し考えて
出てくることもある。

もちろん何も出てこないことだってある。

■この経験で理解したことは
ストーリーって、どうにでも編集できるんだな。

ってこと。頭の中は自分の世界。

ある事象に対して事実はひとつであっても
それをどう捉えるか?どう理解するかは
ほんと自分の考え方ひとつで

何通りにも理解できる。

この力はとても大きいです。

■このストーリーは如何様にでも編集出来る
と言う事を利用して、自分の人生のストーリーを
どんどん、自分の都合の良いように書き換えれば
いい。

それを何度もやっていると、その物語が
頭の中に刷り込まれていきます。

するとそれが自分の頭の中の『事実』
として残る。

他の都合の悪いことは、全部とは言わずとも
かなりの部分が上書きされる。

未来も不安がかなり減っていく。

■こうやって自分の人生の「解釈」を
自分が望むようにすることで

どんどん気持ちが好転し、
楽しく捉えることでエネルギーが
満ちてくる。

そんなことが出来るようになります。

■ストーリーを紡ぐ力というのは
本当に大事で強力なのです。

■今日も自分の人生を生きて、きっちり稼ぐを目指して
楽しみましょう!!

───────────────────────────────────
<自分らしいビジネスできっちり稼ぐヒント>

・ブログを毎日続けていると、ある日ストーリーが
勝手に口を突くとか、ストーリーが紡げると言う体験を
するようになる。

・ストーリーが紡げるとは、つまり想像力が活性化していると
言う事である。

・ストーリーを紡ぐ力で、過去も未来もそして現在の解釈も
自分にとって都合の良いように解釈する。

・そうすることでより楽しい時間を増やしエネルギーで
満たす。

───────────────────────────────────
【今日のしつもん】

どんな最高な未来のストーリーを紡ぎますか?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA