ホームページを作るからこそ自分ビジネスと向き合う

Print Friendly

■ちょっと本職のホームページ作りに
ついて書きますね。

ホームページをWordPressと言う
ソフトを使って作る時の流れは

ドメインを決める
ドメインを取得する
レンタルサーバーと契約
ワードプレスをインストール

ここまで2-3時間

次に
・見た目を仮決めする
・ホームページのタイトルを仮決めする
・メニューを仮決めする
・素材を準備する
・微調整をする

最後に
・中のコンテンツを一つ一つ書く
・基本的な使い方に慣れる

実際にはここまでです。

■この中のポイントは

・ドメインを決める
・見た目を仮決めする
・ホームページのタイトルを仮決めする
・メニューを準備する
・中のコンテンツを一つ一つ書く

の5点です。

どれもお客様が決めるもの。
もちろん、相談にのり
一緒に考えますが
お客様が最終的に決めるものです。

■ドメインを決める。これは多くの場合
屋号になったり、サービスを表すもの
だったりします。

どう呼ばれたいか?

呼ばれ方一つで雰囲気が変わります。
きちんと呼ばれたいのか?
気軽に呼んで欲しいのか?

僕が上田さんと呼ばれるのと
しゅうしゅうと呼ばれるのと
やっぱり違うんですよね。

■見た目を決める。
どう言う印象を持って欲しいか?

これとても大事です。
自分が身を置きたい場所や
そこでの振る舞いなども
大事になります。

お客様が誰で、どう思って欲しいか?
このイメージが出来てないと
この部分迷走することになります。

■タイトルを決める
これはホームページのタイトル。

・●●の公式ホームページ
・屋号そのもの
・商品の名前

などホームページの目的によって
色々考えられますが、

ドメインと連動してこれも
凄く大切です。

■メニューを準備する。

どのサイトにもありそうなのは
ホーム、お問い合わせ

その他によくあるのが
・自己紹介
・お知らせ
・●●とは?(●●はホームページのタイトル)
・商品説明/商品メニュー
・スケジュール
・お客様の声
・ニュースレターorメルマガの案内

など。メニューに何を載せるのか?
これも問われてはじめて気付くポイント
なのです。

■中のコンテンツ。
そしてこれが最大の難関。

今までのも一般論としては
当たり前。だけど、

・自分の仕事への思い
・仕事のビジョン・ミッション
・自己紹介
・自分の仕事のメニュー

などは意外と書けないものです。

それは

『自分と向き合う』

と言う事だから。

■でも逆に言えば、ホームページを
作るからこそ、そこと向き合う時間が
出来て、自分の思いや、仕事とあらためて
向き合うコトが出来る。

自分の仕事のメニューを考える
コトになって、値段も含めて
細かいところまで考えるようになる。

■もちろん僕が決める事は出来ないけど
横に寄り添って、それらの事柄の
相談にのる。

●●ってどう思う?ってことに対して
僕の視点は教えるコトが出来る。

僕のホームページ作りの
特徴はその中身も知った上で
全体も考える。

って所なのだと、書きながら
思ったのでした。

■今日も自分の人生を生きて、
きっちり稼ぐを目指して
楽しみましょう!!

───────────────────────────────────
<自分らしいビジネスできっちり稼ぐヒント>

・ビジネスのホームページ作りをすると、それはすなわち
自分と向き合う作業になる。

・ビジネスのヴィジョン/ミッション、自己紹介、メニュー。
逆に言えば、ホームページを作るからこそ考える。

・そこにビジネスのベースになるものがある。

・ホームページを作ってトコトン、自分ビジネスと向き合おう。

───────────────────────────────────
【今日のしつもん】

自分ビジネスと向き合ってますか?

───────────────────────────────────

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA