【読書ノート】あなたが調子が悪いのは小麦粉のせいかもしれない

Print Friendly

白い食品は身体に良くない。
って聞いたことありませんか?

小麦粉、白米、牛乳 などなど。
ずっと根拠が無く???と思っていましたが
先日こんな本に出逢いました。

ジョコビッチの生まれ変わる食事
ノバク・ジョコビッチ
三五館
売り上げランキング: 75

心の不調?身体の不調?

会社勤めをしていたとき、いつまでこんな
生活するんだろう?って思ってた時期がありました。
シンガポールに行く前くらいまででしょうか?

朝起きるのはつらいし、会社は定時でまず上がれないし
かといって、業務には集中できなくて気が散って仕方ない。

これずっと自分が悪いと思ってたんです。
でも埒もあかないので、シンガポールの公募が社内で
あったので、藁をもすがる思いで申し込みました。

大分改善されましたが、でも夜中2時に起きてしまったり
疲れが取れなかったり、僕の場合顔にハリがでるんです。

それがどうにもこうにも、気持ち悪くて
ずっとスッキリしない日々でした。

これずっとストレスかと思っていましたが、
会社辞めた今、ストレスも無いはずなのに、
大分良くなったとは言え、残っています。

テニスのジョコビッチは食事で強くなった

そんな時、冒頭で紹介した本に出逢いました。
英語のタイトルは「Serve to Win」。
しかし邦題は「ジョコビッチの生まれ変わる食事」。

どうしたらそんなタイトルになるのか???
でも読んで納得でした。この本が一番ページを
割いているのが「小麦粉を辞めたこと」なのです。

世界トップランカーになった後も、試合後半の
大切なところで体力切れで負けていたジョコビッチ。
とあるお医者さんとの出会いから「小麦粉を2週間辞める」
ことから、彼の躍進がはじまります。

詳細は本書を読んで欲しいのですが、
彼の場合、小麦粉を辞める食事を辞めることで
俄然体調が良くなります。

それくらい彼の場合、小麦粉が彼の身体に
影響していたと言うことでしょう。

ホントそれ?

こういう本を読むと、小麦粉を買わせないような
ロビー活動の一環じゃ無い?なんて思わないでも無いです(笑)
とにかく、今の時代の情報は、何処かで疑いの目を持ってないと
どう騙されるかわかりません。

じゃあどうするのか?自分でやってみれば良いんですよね!!
本当に体調が良くなるのか?僕の場合は、高い中性脂肪値と
やっぱり、すっきり感、顔のハリかなって思います。

実は去年の秋、1週間の断食に行った時に
顔のハリがかなり無くなったんですよね。

しかし小麦粉食べないのって難しい

でやってみるのですが、これがとても難しい。
なぜなら、今の時代小麦粉を摂取しないのって
至難の業なのです。

なにせ、パン駄目、パスタ駄目、そば駄目、うどん駄目、
カレー駄目、シチュー駄目、総菜もかなり駄目。
ドレッシングも大抵入っているし、なんと醤油にも入っています。

何食べれば良いの〜なんてことになりかねません。

お醤油は小麦粉の入ってないものにしました。
炭水化物は、玄米ご飯が基本。
お味噌汁もだしから自分でとり(やってみると簡単)
佃煮は自分で作り、後はお肉とサラダ(塩コショウにオリーブオイル)
とやっています。

とは言え外食時にそこまでやっていると
かたぐるしいので、外食の時は
気にしていませんが。

さてさて、この取り組みどうなるのか?

気持ち、顔のハリが緩くなってきたと感じる
今日この頃なのです(^_^)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA