お客様の声(ビジネス質問コンサルティング&質問力向上セミナー『問塾』)

お客様からいただきました感想をご紹介致します。

ビジネスしつもんコンサルティング

協和自動車 小山聖司さま
個々の意見を聞く機会があまりないので、皆の意見を聞く事ができたのがよかった。人によって色々な考えや意見がある事、質問に対しての捉え方が違う事を感じました。

会議にて発言すると今までは否定的な事を言われる事が多いですが、今回の質問会議は自分の意見を受け入れてくれるので発言しやすく受け入れてくれる喜びを感じました

会議もこの様な流れなら積極的な発言があり楽しくモチベーションが上がる場になるのではないかと個人的には思いました。

心で思っている事より相手の喜ぶ答えを考えて話してしまう。などの普段心に思っていても口には出せない様な事をもっと聞いてみたい。

自分の気持ちを代弁してもらっている様で気持ちがよかった。

亀とウザギの話の様な哲学的な話をもっと聞きたかった。

協和自動車 小倉康成さま

回を重ねて実施してきたイベント(乗り比べ試乗会)の内容について、次回実施内容を企画してゆくにあたり、 今までは前回と同内容の周到を前提として行ってきたが、本当にこれから行っていかなければいけない方向性・ 主旨・内容等が少しイメージ出来たような気がした。

また、これをさらにブラッシュアップし、具現化してゆく事の必要性、より多くの社員で議論を行い意思の共有を行っていくことの必要性を強く感じた。

より多くの人員にて行えたらより良かったと思った。

S.Yさま

・ひとりひとりの思いや考えを違う方法で探り討議出来た事。
意思統一がより強固になったよう。
・マンネリしているイベントへのひとりひとりの描くものを確認しあえた事。
・少なくとも参加者は概ね問題(課題)の把握ができたとうかがえ、やるべき項目が見えた事。

・ビジネス質問会議という上田先生の展開されている方法により、問題解決から発見、改善に繋がる成長をする場としてひとりひとり同じ立場で臨むという形式が今までになく新鮮でした。

これにより、個々の温度差も埋めながら、自ずと同じ方向へ導いているような素晴らしい講義であると感じました。

協和自動車 田村兼人さま

基本的に私は雑談好きですので終始楽しんで取り組むことが出来ました。

くだらない話から真面目な話まで基本NGが無いああいった機会は今までありませんでしたのでみんなの率直な意見や考え方が聞ける大変貴重な場でもありました。

内容的にも難しい事は一切ありませんでしたので私含めみんなが取り組みやすかったのも 良かった点だと思います。

一つ一つの質問が終わった後の上田先生の質問の意図に対する解説なんかも 後半の楽しみになっていました。

なかなか自分の意見を発表する機会もそうありませんし、他人の意見を聞く場もそうありません。 正直、中にはそれしか考えていないの?と思う場面もありました。

俺の意見をいいだろ!って思うときもありました。でも全部ひっくるめてそういった思いがお互いに浸透したのかなと。思います。たぶん。

自分以外の相手を認める“ ”答えに厚みが出る“ ”チカラは入れず手は抜かず“ ”書いて話してシェアする” すごく印象に残りました。

なんか偉そうですが社内のいろんな方に聞かせたいと正直思いました。

(改善点は)ほぼありません。時間の制限が無ければもっと話を聞きたかったのが本音です。

質問と質問の間の先生の解説や意図、そこに面白さや回答があったりと気づいてからは楽しみが広がりました。

ですので、確かに我々の質問~回答タイムは重要ですが、オール先生の話っていうのも興味があります。

すべて「いいね」ですのでどんな意見も否定する気はないですが、「すごくいいね」とか「それもうちょっと聞かせて」とかあるとみんなのやる気がまた変わってくるんじゃないでしょうか。偉そうですみません。

あとは他社様での質問会議の様子や、こんな風に変わったとかの成功事例なども聞かせて頂けたらうれしいです。

この度はお忙しい中本当に有難うございました。

茂木竜太さま

しつもんに答える時間は、1~2分と短い時間であったが、時間が短い分、集中して深く考える事が出来た

イベントを考える上で、お客様目線であまり考えてこなかったので、目線を変えて考える良い切っ掛けになった

しつもんに答えたあと、しつもんの主旨の説明があって、とても分かり易かった

質問力向上セミナー『問塾』

A.Tさま

しつもんは奥が深ーいこと。分かっていても、良いしつもんは意識をしないと、意識をしても、作れない。正しい努力を日々重ねて、自分にも周りにも良いしつもんができるよう、日々精進いたします!

藤岡信代さま

質問というものがより具体的にわかりました。

よい「しつもん」の前に、質問自体にパワーがあって、使い方によって得られる効果が違うということ。

これまで経験した学校教育、会社組織では、よくない使い方やパワーの影響を受けていたこと。それ故に、よくない使い方のクセが自分自身にもついていること。

↑ この気づきは大きかったです。このクセを自覚しないまま、よい「しつもん」を使うとは難しいからです。

まさに、質問力の基礎を学ぶ講座ですね。しゅうしゅうが、「とてもよくできた内容」と言っていた意味が、1日たった今も実感します。

編集脳アカデミー 

Y.Fさま

まずは、よい機会をいただいたことにとても感謝しています。実際にしつもんに答えたり、しつもんを作ったり、と、安心安全な場で学ぶことができ、書くことの大切さも実感しました。

しつもんは、どういう状態でするかによっても、相手に与える影響は、ちがってくることが腑に落ち、あらためて、自分を満たすことを意識したいと思いました。

覚え書き
①よいしつもんに触れて書いて答えることを習慣にする
②継続が大切
③書くことで、客観視できる、冷静になれる
④相手へのしつもんは、普段からの関係性が大切
⑤どのような状態でしつもんするかが大切→自分を満たす
⑥わくわくバージョンのしつもんができるようになったら、自由自在!
⑦わくわくバージョンのしつもんができるためには、モデルを作って、未来をわくわく大きくする
イメージ力が鍵❣️

ありがとうございました😊

T.Sさま

問いについて段階を追って学べたのでしつもんの深さ、面白さ、気づきがあった。

Y.Yさま

自分の質問の傾向、色々な質問に触れられたこと、相手のためということ

office 瞬笑 笠間節子さま

4年ぶりの参加でした。当時受講したのは仕事が終わる時間帯で4日間かかりました。やはり、1日コースがベストだと感じました。

初めて受けた時の感動が蘇り、改めて無駄のない洗練された問塾のコンテンツの素晴らしさを再認識させて頂きました。

魔法の質問を知らない友人・知人に『問塾』の素晴らしさをいかに伝えるか、『伝える技術』の訓練?としてこれも自分への挑戦かしら・・・。(笑) それを楽しみます。

Happy831 八木裕子さま

文字にして質問することで、脳が活性化されると思った。

質問力で自分の本当の気持ちを確認しつつ、前進することができると思った。

他の参加者への質問のとき、情景をイメージすることができると、自分が知りたいことが浮かんでくる瞬間があった。

参加者の方々の会話が面白く感じた。

Happy831

J.Sさま

何を伝えるかよりも誰がどのように伝えるかが最も大切なことをあらためて実感しました。それと講師と受講生がともに作り出す雰囲気も満足度に大きく影響するなと。毎回違う楽しみが潜んでいるなと。

 

シェアして下さると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA