シンプルな1ページWebサイトのススメ

最近作るWebサイトは1ページで完結するものをオススメすることが多くなりました。

  • スマホで見やすい
  • ページの移動が少ない
  • メンテナンスが楽

これがポイントです。

上阪徹のBookwriter塾 https://bookwriter.co.jp/

スマホで見やすい

Webサイトはスマートフォンで見られることが多くなりました。スマホの小さな画面で、ページがあちこちに飛ぶ以前のスタイルのWebサイトはユーザを混乱させます。

自分のビジネスや活動をお伝えするためのWebサイトは、シンプルに1ページで伝えるのがわかりやすいです。

※オウンドメディア、ブログはこの限りではありません。

ページの移動が少ない

昔からあるような、プロフィール、商品案内、お客様の声、お問合せ。これらがバラバラにあるサイトではユーザは一体何処を見たら良いのか?に迷いやすくなります。

1つのサイトで、お伝えすることは基本1つ。

それを簡潔にお伝えすると、読んで下さる人もシンプルに情報を受け取れます。

メンテナンスが楽

以前は、呼んで頂くには頻繁にブログをアップして知ってもらうこと。とお伝えしてきました。しかし最近その役割はSNSに完全に譲ったように思います。

ブログを書くことの重要性は変わりませんが、ビジネスの情報はWebサイト。日々の情報はSNSと言う運用をする事はごく自然のことと思います。

であれば、Webサイトにはそれほど頻繁にアップデートしなくて済む情報を載せ、最低限のメンテナンスで運用するのがオススメです。

もちろん、頻繁にアップデートしてSEOを狙ってWebサイトを見て貰うことが有効な場面も沢山ありますが、これには根気もエネルギーも時間も技術も必要です。

過去に作ったWebサイトを2つ紹介します。

上阪徹のブックライター塾

このサイトは、

  • 挨拶
  • 上阪さんの簡単なプロフィール(詳細プロフィールへのリンクあり)
  • ブックライター塾のご案内
  • 卒塾生インタビューの見出し(各記事の詳細へのリンクあり)
  • 卒塾生名前一覧(卒塾生の連絡先一覧へのリンクあり)
  • 運営チーム紹介

と言う構成になってます。

このサイトの目的は

  1. ブックライター塾へのご案内
  2. ブックライター塾の認知を広める
  3. ブックライター塾 卒塾生への連絡先の告知

です。一番大事なブックライター塾へのご案内をメインにしつつ、それを補足する卒塾生へのインタビュー、卒塾生名簿に繋がります。

毎年、募集終了が早まっています。

文先生の韓国語教室

このサイトの目的は、「無料体験講座」への申込誘導です。

  • お知らせ
  • ご挨拶
  • レッスン案内(サービスのご案内)
  • 教室案内
  • 講師紹介
  • 受講生インタビュー(動画)
  • 体験レッスン申込フォーム

これも韓国語を学びたいなと思って見に来た人に、出来るだけ詳しく教室のご案内をして、申し込んで頂くことを目的にしています。

先日、イベントにお伺いしたら、1年前よりはるかにに多い参加者で賑わっていました。Webサイトからの申込者もあるようです。

1ページのシンプルなWebサイトのススメ

この様にして、

  • 目的がシンプル
  • 情報の提供が適切

であれば、沢山のページを作ったWebサイトを作る必要は必ずしもありません。

両サイトとも、情報のアップデートはほぼしていません。年に1〜2回です。それでも充分機能するのです。

【2/12締め切り】シンプルなWebサイトの作り方 オンライン講座 モニター募集中

シンプルなWebサイトの作り方を1から詳しく教えるオンライン講座です。

この記事を書いた人

上田 修司