Webサイトはシンプルに作る

Webサイトはシンプルに作る。シンプルなWebサイトとは1カラムで出来れば1ページで終わる。

専門用語で言えばランディングページみたいなページが良いと思っています。

製作させて頂いた、上阪徹のBookwriter塾のWebサイト https://bookwriter.co.jp/

それは多くのWebサイトはスマホで見られることが多く、情報が一杯あっても読み手としては、読みたい情報が何処にあるのか逆にわかりづらいからです。

Webサイトに来るのは、

  • SNS経由
  • 検索
  • 名刺などのアナログ媒体

この3種類と言って良いと思います。

SNSではシェアする時点で何かしらのコメントを付けてシェアしているので読み手は目的があってサイトに来ています。

名刺からなら、あなたのお仕事のことは知っているでしょうからもう少し詳細を知りたいと思っているのかもしれません。

※名刺をどのように作って、どう自己紹介したかによります。

検索から来た人は何かに記事に興味があって読みに来たので、その人が興味があることを判りやすく配置すればOKです。

きっとそれはコラムやブログの記事に興味があって最初に見るから、そこから関連記事や、自分の伝えたいことが容易に見つかるようにしておくのがいいと思います。

人はそのWebサイトには何か目的があって見に来ています。

そんな人に興味がありそうな記事をわかりやすくお伝えする。

そんな作りになっていればあとは余計なものは無い方が良い。

そう思っています。Webサイトはシンプルに作る。そんな時代になりました。

この記事を書いた人

上田 修司