憧れの生き方をしている人に見える一つの共通点

2017年10月16日仕事, 書くことは、生きること。, 自己改革仕事, 書くことは、生きること。, 自己改革

世の中でいい人生を送っているなって人を見ていると一つの共通点があるように思います。

一切の妥協をしないマインド

遊びながら暮らすとか、時間と場所と金銭から自由になっている人を見ていると、一つの共通点が見えてきます。

それが「一時期猛烈に働いていた」と言うことです。どんな文脈でそうなったかはわかりません。

お金が欲しくて、楽しそうで、理想を目指して、やりたいことがあって、やむにやまれず。

でもそんな人も、どこかの時点で自分の働き方に違和感を感じたり、もしくは体を壊して余儀なくその仕事ができなくなったり。

そんなことを経験しつつ、今の仕事のスタイルにスライドしているそんな印象があります。

選択するものと、捨てるものが見えてくる

何も妥協をしない姿勢は、色々やっていると、全部は出来ないことを体感として理解できます。

どれも好きでやっているけれど、なんか疲れいている自分を知ります。すると、自分が本当にやりたいことと言うのが見えてくるのでは無いかと思います。

好きなものの中に濃淡が見えてくる気がします。好きだしやりたいけど、こちらは止める。そんな判断が出来る気がします。

ちょっと例として違うかもしれませんが僕が最近セミナーで思っていることは、「はい、これ参加確定!」と思って「ノーポチ」するもの以外は行かないと言うのがあります。

興味があるものは沢山あります。ですが、全てに出ていたら、自分が本当にやりたいことに注力できません。

セミナー申込みは以前は、「迷ったら申し込みする」でしたが、今は「迷ったら申し込みしない」です。

一番やりたいことの為に準備が必要な事がわかってくる

自分が一番やりたいこと。それを妥協なくやろうとすると、体力も、気力も、知力も、技術力もいろんなものが必要になってくることがわかります。

人に任せられるものは、任せ、自分が全精力を注ぐものの為に、体調を整え、休息をする。そしてできるだけ万全な状態で、自分のすべてをそこに注ぐのです。

すると何かしらのアウトプットも、品質が高く、エネルギーがこもったものになります。人はきっとそういう商品に惹かれる。

そのように思います。

自分が好きな事を見つけるひとつの道筋

自分が好きな事を見つける1つの道筋として、

  1. やりたいことをどんどんやる
  2. やりたいことは出来る限り一生懸命やる
  3. 一度自分を追い込む
  4. やりたいことの濃淡がわかってくる
  5. 不要なものを捨てる
  6. やりたいことに打ち込むために、体調、気力を整える
  7. やりたいことに一心不乱に打ち込む

こんな道筋があるのだと思います。万人に合うやり方とは思いませんが、フィットする人のお役に立てたら幸いです。

2017年10月16日仕事, 書くことは、生きること。, 自己改革

Posted by 上田修司