マーケティング, 仕事

多くの人は、何かひとつ続けてきたことって何かしらあると思います。

AdobeStock 94182273

僕だったらIT、Web制作とブログ。

みなさんも、健康に関すること、お客様に接すること、ヨガ、瞑想、呼吸法、しつもん、教育、子育て、Excel、お客様とのメール対応、医療、薬剤、法律、コンサルティング、マーケティング、開発、マネジメント、人材育成、パートナーシップ、カウンセリング、コーチング、営業、自動車、建築、建設、土木、設備、ゴルフ、アパレル、料理、etc…

何かやってきたことがあるのでは?って思います。

ITのプログラミング言語に関するパターン

AdobeStock 80894400
仕事って長い間続けてくると、ある一定の「パターン」って見えてくると思うのです。もちろん1から10まで一緒ということはなくても、あーこれはこのパターン。これはこのパターン。

僕だったら、プログラミング言語。プログラミング言語って沢山種類があるし、次から次へと出てきます。

ですが、

  • プログラミング言語の覚え方、学び方
  • プログラミング中で使うロジック
  • 開発ツールの使い方

ってかなりの部分共通だったりします。

Web制作に関するパターン

AdobeStock 80389127

最初制作事業を始めた時は、それぞれの人にカスタマイズしたWebページと思っていました。ですが、僕の場合、スモールビジネスがほとんどです。

すると表示するメニューってかなり同じです。

  • サービス/商品(複数になる場合も多い)
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 問い合わせ
  • メルマガ
  • 無料プレゼント

大体こんなものです。

それぞれの仕事にそれぞれのパターン

AdobeStock 84106534

  • 営業だったら、お客様のパターン、購入パターン。
  • 人材育成だったら、人材のパターン。
  • 恋愛相談だったら、相談のパターン。
  • 薬だったら、○○系の薬や、薬の効用のパターン。
  • ブログだったら文章のパターン。読まれる記事の傾向。
  • 主婦をやっていたら、料理を作るパターンとその応用パターン。

何かしらあるはずです。もちろん100%では無いですが。

そうすると、それぞれのパターンに対して、こうやると上手くいくなどの成功パターンもある程度はあるはずです。

コンテンツ化をしよう

AdobeStock 55428850

それらのパターンって体に染み付いていて、経験則として各人の身体の中にあるような気がします。

そしてそれを他の人に「伝える」事は中々難しいと感じているかもしれません。

ですが、それを「伝えよう」とすることが、コンテンツを作る鍵なのです。100%は伝わらないと思います。ときには50%かもしれません。

でも、それをコンテンツとして作ることが、その情報を欲している人の「価値」となります。その「価値」を受け取った人は、自分でその先を学ぶことも出来るし、逆にそんな人に、お伝えできないことをコンサルティングすることも出来ます。

そうやってコンテンツ化するエネルギーが、「時間」ではなくてコンテンツという「価値」を生み出すのです。

AdobeStock 132148451

一旦コンテンツ化したら、それが10個売る労力と、100個売る労力は、決して10倍にはならないはずです。1000個売る労力も100倍にはならないはずです。

もちろん「売り方」と言うのはありますが、コンテンツ化をするエネルギー。売り方を覚えるエネルギーを書けることで、「価値」を売るビジネスができるようになります。

仕事, , 書くことは、生きること。

未来の理想の1日ってどんな1日があるだろうって時々考えます。

通常の1日

朝日と共に目覚め、ブログを1本書く。その後かわいい奥さんと海辺をのんびり散歩。帰ってきて、サラダとトーストとベーコンと目玉焼きの朝食を。

午前中はデスクワークをしながらお仕事。少し遅めのランチを頂いた後、軽く運動をする。時にゴルフをハーフ回ったり、ジョギング、ヨガ、筋トレなどなんかカラダを動かしたい。

時々仕事があっても良いですね。

身体を動かした後はのんびりお風呂に入り、汗を流したら、その後は1杯のビールと、家族で美味しい食卓を囲んでのんびり団らん。

夜は映画を観るか、本を読むか、お話しをするか?そして眠くなって寝る。

こんな1日が理想。気候は暖かいところが良いですね。

スコットランド、アイルランドの旅をしながら仕事

スコットランド、アイルランドのリンクスを旅しながら仕事をするのも夢です。旅を思い浮かべると、いつも「一人じゃ寂しいな〜」って思うのですよね。

ゴルフする人でもしない人でも良いですが、レンタカー借りて、B&Bを転々としながら、仕事をし、2〜3日に1度ラウンドしながら、旅したいのです。

のんびりして、ネットで仕事をして、ちょっとずつ移動しながらドライブして、美味しいもの頂いて、時々ゴルフ。

この夢は結構頻繁に頭に思い浮かびます。

季節毎に快適なところに移動しながら生活

拠点は、海が見える静かなところに住みたいです。やっぱり湘南。葉山とかかな〜

だけど寒いのは苦手。11月後半からは沖縄、グアム、ハワイなどに長期滞在しながら暖かいところを転々としたい。

夏は快適なニセコの森の中に住みたい。

こんな生活にも憧れます。

カラダとココロが欲する環境にいたい

なんか緩やかな変化を楽しみながら、カラダが欲する気候を求めて移動しながら生活したいんですよね。こんな生活が出来るためにはどうしたら良いのか?

そんなことを妄想しながら、今日は床につきたいと思います。

Apple/Mac/iPhone, IT/パソコン, WordPress, ブログ, 写真, 文章術, , 書くことは、生きること。

しゅうしゅうです。今、移動しながらblog書いてます。お昼寝をガッツリしてしまったので、こんな時間に(笑)

下書きはEvernoteで

下書きはEvernoteでしています。EvernoteはiPhoneの下の固定されたところにアイコンを置くくらい大事なアプリです。

ここにテーマを決めてどんどん書いていきます。まず、各タイトルを書きていきます。

 

フリック入力は必須

iPhoneでblogを書く時は、フリック入力は必須です。

入力スピードが違います。スマホはパソコンよりも入力に、時間が掛かるので、少しでも早く入力出来るように練習しましょう。

数日で慣れます。

アップするアプリはWordpressアプリ

入力が出来たら、Wordpressアプリでアップします。

WordPressの使い方は後日、説明します。このアプリで、見出しの設定、箇条書き、写真を入れ込む等の装飾をします。

出来る設定をしたら、下書き状態でアップロードします。

写真はPCで調整

写真の配置、サイズの設定等、細かい設定はパソコンでします。

また、スマホになかった写真はパソコンから探して入れたり、ネットから買ったりして追記します。

こうやって今日のブログもかなりの部分を移動中に作ることが出来ました。

いつでもどこでも書くマインド

ブログを毎日更新しようとすると、どうしても時間の問題がついて回ります。

毎日ガッツリとブログを書く時間が取れます!って言う人はプロブロガーくらいで、ほとんどの人はスキマ時間を利用しないと中々毎日書くことは出来ません。

毎日書かない人でも、書きたい!って思った時に書けないのは残念なことです。是非、何処にいても書ける。そんな環境を作っておきたいですね。

Ameblo使っている人は、アメブロのアプリがあるので是非インストールしてみてください。

IT/パソコン, ブログ, 文章術, 書くことは、生きること。, 言葉

名古屋から帰ってきました。今日は僕がブログを書くときに気を付けていることを書きます。

名古屋と言えば「ひつまぶし」

※ネタ出しについては別に書きます。

どんなタイトルだったら読んでもらえるかな?

僕のブログは他の人に書いてもらう事を意識して書いています。一人でも多くの必要な人に読んでほしいので、必要な人が、

  • タイトルを読んで内容がわかる
  • タイトルを読んで興味が湧く

そんなタイトルがないかなと考え、そんなタイトルを付けています。

書く前に仮のタイトルを付けて、書き終えた後に再度文章に適したタイトルを付けます。

そのテーマに対してどこから書いたら読みやすいか?

タイトルを読んで、その記事を読んでくれた人は一体何が一番最初に知りたいだろう?それを考えて、基本的にそれを書いています。

  • きっとこんなことを知りたいよね?
  • 付随してこんなことも知りたいかな?

そんなことを書いていきます。

基本、人に話すように書く

普段の会話で話す順番に書くようにしています。相手が知りたいことを先に言うこともあれば、経緯を先に言うこともあります。

それは話の内容や、その時の状況によります。僕が話すならこの順番。って思える順番にすることが多いです。

これはブックライター塾主宰の上阪徹さんが教えてくれた極意の1つなのです。

わかりやすく書く・怪しい言葉を極力使わない

文章で常に気にかけているのが、判りやすく書くと言う事です。特に以下の点を気を付けています。

  • 論理の飛躍はないか?
  • 言葉が曖昧でないか?
  • 誰にでも一意に理解できる内容か?

人はついつい、便利な言葉を使って文章を端折ろうとします。例えば、代名詞。これ、それ、あれ、こっち。でももしもよりわかりやすい言葉で補足できるなら、そちらを使う意識があります。

そうすることで読み手は、この代名詞は何を指しているのか?を考える必要がなくなります。

曖昧な言葉はできるだけ、具体的な言葉にします。

例えば「エネルギー」という言葉、とても良く見られますし、色んなことを指すので便利な言葉なんです。でももしもエネルギーが「時間をかける」という意味ならそう書きますし、「集中する」ってことならそう書きます。

お金という意味かもしれませんし、身体中に力を入れるかも知れないし、全速力で走るかもしれません。逆にそれらのもの全体を指すのが適切であれば「エネルギー」と書く事もあります。

不自然な言葉、違和感のある言葉を使わない

もうひとつ、違和感を感じる言葉、難しい言葉を使わない。例えば「波動」とか「量子力学」という言葉。物理学者や、理系の学生が学問の文脈で書くのは特段違和感を感じません。読み手もこの言葉の意味をわかって読む人が対象であれば問題ありません。

ですが、スピリチュアルな文脈の中で使われるこれらの言葉には、とても違和感を感じます。それは読み手の多くがこれらの言葉をきちんと理解していないと想定できるからです。読み手が理解出来ていない言葉を使うのは、読み手のことを考えていない書き手のエゴだと僕は思います。

そんな読み手が知らない言葉を乱暴に文章に書くことは、読み手の頭を混乱させる効果はあっても、読み手に理解する手助けになる事はありません。

往々にしてこの様な文章には「怪しさ」「嘘くささ」が漂い、そこで読者が離れていくと思います。

何度も読んで、わかりやすさ、スムースさを確認する(推敲)

文章を書きながら、そして出来上がってからも、何度も書いた文章を口にして、声に出して読みます。違和感がなくなるまで何度も書き直します。

上に書いたことが出来ているか?読みながら違和感がないか?に注意しながら違和感なくなるまで書き直します。「てにをは」にも注意を払い、同じ意味の言葉でもその文脈に一番ふさわしいことががあるならそれを使うようにします。

適宜、絵やリンクを入れる

文字だけの文章ってやっぱり疲れます。特にWebサイトだとそれを感じます。僕は読みやすいように、適切な位置にその文脈にあった「挿絵」を入れます。

変化を出して、何処まで読んだっけ?が容易に把握できるように注意を払います。

文脈にあっていればどんな絵でも良いわけでなく、見ていて面白かったり、ステキだなと思える絵を入れています。

相手のための文章とは?

これだけ多くの情報、Webサイトがあると、読みづらい文章はどんどん読まれなくなります。トピックが興味を持てるものであることはもちろん、読みやすさにも細心の注意をはらいます。

上に書いてきた、これらの配慮をすることが総じて「エネルギーを文章に込める」ことであって、読み手が内容を理解することに集中し、かつ学びや気付きが得られるように最大限の配慮をする。こんなことを意識しています。

セミナー, 仕事, 問塾

名古屋、問塾2Days終了しました(^^)

21684285 2176030612422664 190155018 o

名古屋でも、ご縁が深められたり、美味しいものを頂いたり、ステキなお話を聞かせていただいたり、ホント豊かな時間が過ごせてます。ありがとうございます。

自分がやっている同じ講座を受けてみた

僕は問塾という講座を開催しています。先月同じ講座をやっている細野ゆーじさんの問塾(上級)講座に出ました。

(決)フロプロ 細野ゆーじ

 

目的は2つ

  • ゆーじさんが開催する講座から自分の講座へのヒントがあったらいいな
  • 自分が久しぶりに受講者として問塾を受講してワークをしたかった

当初の目的はきっちり達成され、僕が開催する問塾上級講座も、良いなと思った内容を取り入れました。

細野ゆーじさんのFacebookより拝借m(_ _)m http://bit.ly/2xJMqdz

そして受講者として、やりたかった問塾上級第3講座の「Whyを学ぶ」で自分ビジネスの本当の目的の深掘りをする時間が持てました。

自分との差異が自分の講座の幅を広げる

同じ問塾 上級と言う講座でも、誰がやるか?によって内容は変わってきます。僕が開催する講座と、ゆーじさんが開催する講座はやっぱり違います。

各項目で紹介する事例に特徴が出ますし、どの部分を強調してお伝えするかも違いました。

へー、なるほどね〜。そう説明するんだ!なるほど、そうやってワークするんだ!といっぱいヒントを貰いました。

Cartoon smile thumbs up

すると自分の講座もちょっと幅が広がるんですよね。今まで「3個質問を作ってください」としていたところを、時間内だったらいくつでも作っていいですよ。

って変えてみました。すると頭に浮かんだものを、制限なく出していただけるようになりました。

他の講座にもヒントがいっぱい

以前知り合った鵜川 洋明さんの「Visionがたり+BAr」では、ビジョンを音(オノマトペ)で表現する。と言うのがありました。

オノマトペ

問塾の基礎講座でビジョンの話をするのですが、理想の生活をしている自分を音にするとどんな音ですか?と言うワークを、「Visionがたり+BAr」から使わせて頂きました。

これがとても好評でで、言語化した自分のありたい姿と、音にした自分の在りたい姿に差異が出る人も結構います。

もう自分は、この講座は既に受けたしもう良いやって思うことも出来ます。時間も大事ですので。でも時には他人の講座を受けることで自分の講座の幅が広がるってこともあるんですよね。

IT/パソコン, ブログ, 自己改革

最近、夜中になってやっとブログを書き始める。そんなことが多いです。技術的な記事のように何かを調べて、画面キャプチャを取ってという、時間がかかる記事はかけません。

AdobeStock 65519101

そんな時は、自分の中から書けるもの。特に調べたりする必要がないモノになります。僕がどうやってネタを探しているのか?を今日は書いてみます。

まずは自分に質問する

今日書きたい記事はあるかな?

これ書いたら面白いなって思っているものが思い浮かんで、書けそうならそれを書きます。テーマだけ書いたネタ帳を見て「ピン」と来たら書くこともあります。

先日のiPhone Xの記事は、そんな記事でした。

iPhone Xは未来を見せてくれるのか?

昨日のこの記事もそうでした。ただし、前日の記事からの流れもありました。

僕のホームページ作成は、ホームページ作成と言う名のビジネスコンサルティングである

最近良かったこと、感じたこと、気付いたことはあるかな?

一昨日のこの記事はこれです。

お客様に寄り添い言葉とデザインを絞り出す。これが僕のWeb制作。

どんな思考で考えたかというと、

1日中、文章を考えている1日だったな〜。ちょっと頭が興奮していて冷めない感じだな。これを記事にするには?

1日中文章を考えている1日で頭沸騰中→それはお客様と向き合って文章を書いているから→自分のWebサイトを作るスタンスなんだよね。→それを記事にしよう

です。

僕の場合はこれでほぼ出てきます。

ブログのネタ出しとは自分への問いかけである

ブログのネタ出しって自分への問いかけなんですよね。

  • 最近気付いたことはなんですか?
  • 最近学んだことはなんですか?
  • 最近感じたことはなんですか?
  • 良かったことは何がありますか?

って問いかけです。

AdobeStock 88061621

何だそんなことか?という感じもしますが、これって、自分が好きな事とか大切にしている事を気づくきっかけにじつはなります。

自分の好き、気付き、学び、感じたこと、良かったこと。これが自分に気づくきっかけになる

自分の事がよくわからない。自分の好きな事が見つからない。そんな話をよく聞きます。ブログでこれらの気付き、学び、感じたこと、良かったこと。

これらのことに気を向けることが、自分のことを知るきっかけになります。

さすがに1日ではわからないですが、これらの事を自分に問い続けると、答えにある一定の傾向が見えたりします。

AdobeStock 116861150

その傾向の積み重ねが実は自分が大事にしていることだったり、好きな事だったりそんなことを知るヒントになるのです。

自分の気持ちがわかっている人は良いのですが、もしも自分の気持ちがわからないなぁ〜って思っていたら是非、毎日自分の気持と向かう時間を取ることをおすすめします。

IT/パソコン, WordPress, ブログ, マーケティング, 仕事

名古屋に来ました。お友達に一杯会ったし、新しいご縁も出来ました。明後日の台風大丈夫かな…講座なんですが…

Webマーケティングコンサルタントのお仕事

僕は、Webマーケティングコンサルタントと名乗ってます。

ほぼほぼ、ホームページを作る仕事が多いです。そこで大事にしていることは昨日のブログに書きました。

お客様に寄り添い言葉とデザインを絞り出す。これが僕のWeb制作。

(※ホームページ、本当はWebサイトの方が正確な言い方ですが、わかりやすいのでホームページと書きますね。)

その他にも必要な人にはメルマガ、ニュースレターの発行に仕方、Facebookページの作成等もお手伝いしています。

AdobeStock 85527029

ホームページを作る相談で最初に聞くことは

  • なんのためのホームページですか?
  • お客様は誰ですか?

です。ですが、実はここに窮する人も結構多いのです。大事なのは、答えに窮して、自分が考えるポイントに気づくこと。

例えば、僕がホームページ作りをします。対象は女子高校生です。と言うと違和感あると思います。そもそもホームページ作りたい女子高校生とどうやって出会うの?って。

AdobeStock 80389127

ですが、実はそんな答えを言う人結構多いのです。最初からそこにアプローチする手立てがある人は大丈夫です。答えが自然で、導線が繋がっていて、きちんとお客様が来るまでの道筋が見えているので。

でも、どこかが不自然だと、どうやってそのお客様と出会うの?そのお客様のお悩みは何?と問うていくとどこかでつまります。

だから駄目だと言いたいわけじゃなくて、こうやってホームページを作ろうと思って、お話をしていくことで、自分のビジネスに関してはじめてフォーカスできるのです。

僕がやっていることはほぼほぼビジネスコンサルタントです。

自分のビジネスが、ある程度決まっている人は、ホームページ作りも早いし、僕はどちらかと言うと、エンジニアとして、ホームページの機能、設定、デザインに注力できます。

ですが、そんな人はごく少数で、ほとんどの人は、ビジネスのコンサルティングをしています。どんな商品が良いのか?どんなターゲットが良いのか?どんな値付けが良いのか?そもそも何をビジネスにするのか?

もう、一緒にビジネスを作っているイメージです。僕の視点を加えて、より幅広い意見や、僕が感じていることまでお伝えして、ホームページを作り上げていきます。

Dollarphotoclub 71828194

ホームページを作ることで自分のやりたいことが見えてくる

ホームページを作ることで、自己紹介、サービス内容を実際に入れるページを作ることではじめて、その具体的な内容を考え始めます。

一人でも良いのですが、一緒に作る人がいて、その人にお話を聞いてもらうことで、色んなアイディアが出てきます。

自分のビジネスを漠然とやりたいな〜と思っている人も、もしかしたらホームページを作り始めることで、その思いが加速するかもしれません。

AdobeStock 97659048

ホームページの運営は少しずつ慣れていくもの

ホームページってお店みたいなものです。何も手をかけないと、ホコリをかぶったようになります。全く更新がないページがお金を生み出すことってあまりありません。

もちろん、そういうページもあります。

AdobeStock 85731355

ですが、多くの場合、定期的に手をかけてやる。お知らせをアップしたり、新しい情報を追加したり、写真を入れ替えたり。

そんなことをする必要があります。それらのことは直ぐにできるようには、中々ならないんですよね。

だからこそ、早めに慣れて少しずつ手を加えていくのが良いんですよね。自分のビジネスをしている人、将来したいと思っている人。

そんな人は、是非今からやってみる事をおすすめします。

IT/パソコン, Webデザイン, WordPress, マーケティング, 言葉

ここ数ヶ月の僕の仕事のテーマが「眼の前の仕事に最善を尽くす」です。まだまだこの言葉に程遠い日も正直あります。

ですが、今までの仕事人生でここまで、やりきっている感覚も実は殆ど感じたことがありませんでした。

言葉を捻り出す。これを一番大事にしています

言葉とデザインを捻り出す。特に言葉はとても大事にしています。読んで下さる人の立場に立って、何を一番知りたいのか?

これを想定し、それに対して依頼者の言葉、想い、を紡いでいきます。

読み手を代表して質問をし、次にその質問に対する依頼者の想いを言葉にするのです。依頼者の方はその想いを自分と向き合い紡いでくれます。

その口から出た言葉を一度、僕の中で咀嚼し、読み手に一番伝わりやすい言葉を選び、文字に起こしていきます。それを依頼者の方に読んでいただき、二人で一文一文定着させていくのです。

 

言葉を紡ぐ。それは読み手と依頼者の間にある細い細い紐の上の綱渡り

こうやって言葉にしてみると、読み手と依頼者の間にある細い細い紐の上を、綱渡りのように言葉を繋いでいく作業だなって想います。

てにをは 1つ間違えても、伝わるニュアンスが違う。使う言葉ひとつ変えると、同じ意味でも、与える印象が違う。

依頼者が、僕の紡ぐ言葉に「そう、それ」と腑に落とす時、はじめて言葉が定着する。こんな作業を延々としています。

3時間かけて20行とか普通にあります。

ですが、こうやって言葉を紡ぐからこそ、依頼者の想いが伝わるのだと想います。

AdobeStock 130492438

見た目のデザインは依頼者の表現を協力にアシストする

見た目のデザインもとても大事にしています。僕は元来デザイナーではありません。ですが、Webサイトの印象を決める、色、フォント、写真はとても大事にしています。

色とフォントはサイト全体の雰囲気を決めます。優しかったり、エレガントだったり、シンプルだったり、機能的だったり、楽しかったり、激しかったり。

そして随所に入れ込む写真が、読み手の理解の手助けになります。

さらに、Webサイトの配置は、伝える情報に重要な影響を与えます。これらも最新の注意を払いつつ、「読み手に伝わること」を第一義に選びます。

AdobeStock 118697337

時間がかかります

正直どれも時間がかかります。チョチョイのチョイって出来そうですがそんなことはありません。

適当にやればそれでも出来上がります。ですが、魂は細部に宿る。これは本当でその細部の積み重ねが最後、お客様に届く、到達率を上げると信じています。

AdobeStock 70249003

時間がかかりすぎると思う方もいらっしゃると思います。ですが、これが僕のWeb制作なのです。