書くことは、生きること。

ブログの毎日更新をしなくなってから、自分の興味関心が変わってきたように思います。

外に探していた

ブログを書くにはネタが必要です。ブログを毎日書く事にしていたときは、とにかくネタを探していました。

探すは外に向かうエネルギーです。回りの面白いもの、楽しいもの、気になること、気付いたこと、学んだこと。

そんなことを探していたように思います。それを題材に自分の解釈をつけていました。

内に探す

毎日更新をしなくなって、今やりたい事に気持ちが向くようになりました。今は

  • WordPressを早くするための「kusanagi」って環境を調べる
  • 1つのログインで複数のWordPressサイトを管理するマルチサイト機能を調べる

この2つです。WordPressの表示を速くするにはどうしたらいいのか?1つのサイトで複数のWordPressサイトを管理するにはどうするのか?

この作業って、パズルをやっているのと基本感覚は変わりません。

ネットにある情報を頼りに、自分で作った環境でそれを実現する。

やっぱり体感すると違うんですよね。こんな問題が出るのか・・・
なるほどこうなるのか〜ってね。

出来る様になったら嬉しいし、楽しい。

他の人にとってはなんのこっちゃって感じでしょうが僕に取っては中々の楽しみの時間なのです。

内を見ると比較をやめる

自分の中にある興味を紐解いていると、他人の比べることが出来なくなります。外に向いていると自分と比較します。

人と比較するから苦しくなるんですよね。内を見つつ、毎日、楽しく更新出来たら良いですね(^_^)

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

ブログの毎日更新をしなくなってから、モレスキンのノートに徒然なるままに、師匠の教えに従って、時々刻々記を書くようになりました。

人のお伝えするものでは無いので、ただひたすら、内に内に。

で、家にあった黒いモレスキンに書いてました。

今までも、Evernoteに自分だけが読む文章は書いていましたが、なんか無性に「手で書き」たくなったんですよね。

で、なんとなく頭に「モレスキンの特別バージョンってないかな〜」なんて検索したら出てくる出てくる!

モレスキンのオンラインショップ

その中からいつも笑顔にしてくれるミニオン、BeatlesのYellow Submarineの2つをチョイス。

All you need is Loveは捨てがたかったのだけど、使うイメージが湧かないスモールサイズしかなかったので断念。

AmazonとMoleskinのサイトを見比べるとトータルでMoleskinの方が安かったので購入。

AmazonのMoleskinサイト

でも何かAll you need is Loveが心残り・・・

で最後にポチッとしました。きっと僕に取って必要なんだろうなと。

お気に入りのボールペンで書きまくるのが楽しみなのです(^_^)

他にも「美女と野獣」「キース・へリング」「ハリー・ポッター」「スターウォーズ」など色々なバリエーションがあります。

是非除いてい見て下さいね〜(^_^)

モレスキン ノート 限定版 サクラ ラージ ピンク LESUQP060
MOLESKINE モレスキン (2018-02-20)
売り上げランキング: 27,632
モレスキン ノート 限定版 ビートルズ ポケット オールユーニードイズラブ LEBEAMM710LO
MOLESKINE モレスキン (2016-09-15)
売り上げランキング: 7,231
モレスキン ノート 限定版 ビートルズ ラージ イエローサブマリン LEBEAQP060YS
MOLESKINE モレスキン (2016-09-15)
売り上げランキング: 31,667

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

オンライン講座を作っているときにご縁があった文丘雄清さん。僧侶であり、エンジニアであり、フィナンシャルプランナーというスーパーマン。

文丘さんの著書を拝読しました。

どんなことが書いてあるのか?

この本を読んだからと言ってお金が増えるわけではありません。でもお金に対するあたりまえの事を知り、意識を改める。そのことで結果として増えると言う事は充分にあると思います。

本書はそんな、お金に対する基本的な理解と、それに纏わる様々人間の心理をとてもわかりやすく、説明してくださっています。まさしく僧侶さんだけに、心洗われる1冊。

内容は

  1. お金の悩みの原因は煩悩である
  2. お金の正体とは?
  3. 投資への偏見を取り除き、お金に働いてもらう
  4. 好きなことをして収入を増やす
  5. お金とのご縁のつなぎ方
  6. お金の不安をなくし幸せを引き寄せる

こんなテーマの6章立ての本です。

煩悩について

煩悩について色んな面からお話しをしてくださっています。特に僧侶であると言う観点から、煩悩に纏わる古くから言われている事を引用しわかりやすくお話しくださっています。

最初は「わかってるけど、でも煩悩あるんだから、それをどうしたらいいの?」って思ってたんです。

でも読み進めてみると、自分の煩悩って何か取るに足らないことばかりなのかも知れないと言う想いになってきました。

そして「足るを知る」と言う言葉が今更ながら引っ掛かり、自分の中で今足りているもの、そして本当に欲しいものを、読むのを一度止めて書き連ねてみました。

あー、何かホントどうでも良いことに拘りすぎているのかもね。なんて思えたんですよね。

まだまだ煩悩は消えませんが、それよりも自分がAttention(注意)を向けるべき事に意識を向けられる気がしてきます。

お金の正体とは?

そしてお金の正体のお話しが続きます。お金は価値を交換するツールである。価値を保管するツールである。とのお話しは納得できても、どことなくお金=汚いものと言う先入観があります。そこでお金をもらって良いの?ってね。

そんな心理状態の罠をわかりやすく、本来のお金の役割と解いてくれます。そして、お金に関する、当たり前すぎる公式

あなたのお金={(収入-支出)+資産}×運用利回り

と言うとてもわかりやすい公式を元に、お金の基本的な扱い方、使い方を示してくれています。

この本の大事なポイントはこの2つの章だと僕は感じました。

お金の正しい使い方とお金の正しい得かた

正しい使い方と言うのは、自分の心理状態にも寄るなって読みながら思いました。同時に得かたもはやり自分の気持ちがとても大事です。

3章以降は金融商品への投資、自己投資、お金を使うと言うこと、好きなことを仕事にすると言う事等々のお話しへと続きますが、

とにもかくにも、

あなたのお金={(収入-支出)+資産}×運用利回り

が基本中の基本であり、それをどう運用するのか?どう言うお金の使い方をするのか?どうお金を扱うのか?将来のお金についてどう考えるのか?

と言うポイントで示してくれています。

お金について良く理解出来てないなって言う人に、基本を押さえるのに適した本だと思いました。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

神のお告げがあって、ブログの毎日更新を辞めました。

突然「神のお告げ」がやって来たお話し。

で、どうよ?

5年9ヶ月毎日、頭の中にあった「ネタ探し」をやらなくて済む日は、それはそれはとても楽です。

それは辞めたその日から感じてますね。

「ネタ探し」が人生だ。人生がネタだ。って思ってたのですが、まあそれはある意味あっているのですが、そうで無い面もある事に気付いたんです。

それは、気にしなくても良い些細なことに意識をしていたなってこと。そんなことどーでも良いじゃない?って事にフォーカスして書いている記事が結構あったなって思ったんです。

そのフォーカスが外れた途端、何だか楽しい事、面白い事が眼に入るようになりました。

最初からこちらを記事にすれば良いのだとも思うのだけど、楽しい、面白いって理由付けちゃうと何か面白くなくなるんですよね。

どーでもいいじゃん楽しければ!って思うようになりました。

きっと言語を通さずにダイレクトに面白さ、楽しさ、美しさを感じるって事が、その面白い事、楽しい事、美しい事を最大限に受け取る方法なのかなって思います。

今、自分が一番大事にしているものを手放してみる

今、自分が一番大事と思っていることを手放してみると、その対象物を客観的に見ることが出来ます。

特に、自分が好きなことをやっている認識が無い人は一旦それを手放してみると良い気がします。それでもやりたくなるなら戻ってくれば良いだけ。

さすがに家族とかは手放せないですが、でも家事だったり、仕事だったり、ペットだったり、お金だったり、時には、誠意、真摯さ、気遣い、丁寧さ、勤勉さ、信用でさえ、手放してみると、何か気付きがあると思います。

それらは、もちろん対人関係で大事なものですが、それを「大切にする余り」窮屈になっている事って凄く沢山あると思うのです。

特に、これらは「正しいもの」として誰もが疑いを持たずに、大切にしているものだからこそ、一旦それらに対して客観的なポジションを取ってみると良いのですよね。

僕が手放したものを思い浮かべる

僕が手放したもので頭に浮かぶのは、ラグビー、スキューバダイビング、ゴルフ、そしてブログの毎日更新です。

最初の3つはそれぞれの時期、毎週末活動をしていました。それぞれのスポーツが好きだったと言うよりも、僕の「居場所」だったんですよね。

会社では確固たる「居場所感」がなく、さらに今にして思えばストレスの場でもあったので、それを解消するために、それぞれのスポーツをやっていた気がします。

会社という、自分の中で手放せないと思っていたものを手放したら、それらのものがいらなくなりました。

そしてブログの毎日更新は、僕に取ってとても大事なものだったけど、手放す事で、ちょっと客観的に見ることによって、新たな気付きがありました。

手放せば入る

毎日更新を手放したから、入ってきたのかはわかりません。でも毎日更新を辞めたことと前後して、新しい体験が僕の中に入って来つつあります。

今までの僕だったらスルーしていたものを、それを受け入れるタイミングになったのでしょうか?自然と僕の中に入ってきました。

一番大切だと思っているもの。それを手放してみると、それが本当に大切かどうか?わかります。例えば家族が大事と言う人なら、1週間でもひとりで旅に出て色々と味わってみると良いです。

ダメなら、1日でも良いから手放してみて、色んな感情を味わってみると良いです。本当に大切なら、以前よりもその大切さが身に染みてわかります。

そして大切でないなら、それを手放すと新しいものが入ってきます。

ちょっと怖いですが・・・是非やってみて下さい。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

昨晩、神に言われた。「一度ブログ辞めちゃえば」

死ぬと言う事

「書く事は生きること」と題しているこのブログを辞めると言う事は、「死」を意味します。

僕はブログは人生のエンジンだと思っていて、このブログで色々と感じて、考えて、考えをまとめて、そして動いてきました。

それは本当に沢山の事を僕に与えてくれたし、それがなくなることは僕に取っては「死ぬこと」に近い心境なのです。

でも予感もある

ブログを毎日書く事は葛藤することもあります。こんな記事書いてどうすんの?何か人様の役に立つの?

意味がないブログを書くくらいなら他にやりたいことやった方が良いんじゃないの?

そんな言葉とも毎日戦っている。そんな気がします。

と同時に、毎日更新を辞めたら、色んなしがらみが取れて「今の僕」に取っては良いことがあるんじゃない?って思った事も何十回とあります。

自分で辞めることは不可能

2145日も毎日書いていたら、自分から辞める事ってほぼ不可能です。

気持ちが「書かないって選択肢は無い」って思っているから。それを引っぱがしてくれるのは、もう他力しかありません。

昨日まで、辞める気なんてさらさらありませんでした。でも神に言われたら、ちょっと状況が変わります。

自分が何かに「負けて」ブログを辞めるわけじゃなくて、神のお告げなのだから、僕にも正統な理由が出来ます。(←ちょっと論理飛躍してる感じですが(笑))

分析しない。理由を探さない。

今時代はどんどん動いています。自分が本当に好きなことを見つけた人がこれからの勝者になる。(勝ち負けで書くの嫌いですが・・・わかりやすいので)

って言われている時代です。自分がそれを好きな理由を探して自分に言い聞かせない。って凄く大事な事があります。(好きな理由を伝える事が必要な事も沢山ありますが。)

「ワクワクする」って言っている人は時に「自分がワクワクしたと思い込みたい」と感じさせることがあります。

そうやって、自分なりのワクワクの理由を探して、あたかも自分のグラスを充たしている気になっている。

今の僕には、これと同じことが起こっている感覚が実はあります。言葉の力を借りて思い込もうとしている。

これはここ数年でずっと言われた事。「考えすぎ」もっと「感じなきゃ」って。

でもブログを毎日書く事にしているからこその弊害が僕には出ているのかもしれません。

それでも「書き続ける事」は超絶お薦めします

こう書いて、自分に都合良く「ブログ書かなくても良いか・・・」って解釈する人が出てきそうなので、ちょっとだけ書いておきます。

書く事、書き続ける事は本当に僕の人生を変えてくれました。5年9ヶ月。

書き続けて来たからこそ、得られた自信、アイディアが勝手に降りてくる感覚、自分が常に気にかけていることに気付けたこと、そして「継続こそが自分を一番遠くまで連れて行ってくれる」と言う事を体感出来たこと。

これらは多分人生で一番大事なことのひとつです。

頭でわかっていても、身体感覚として判っていないと、それはほぼ意味をなしません。

そしてそれを身をもって知る一番簡単で良い方法が「毎日書く事」だと思うのです。

今回僕が毎日更新を辞めるのは、2145日書いてきた僕が「次」のステージに行くための「前向きな撤退」です。(これすらも、読み手によっては「言い訳」にしか聞こえないでしょう)

ブログを書いた方が良いかなと思っているなら是非書いて、そして書き続けて見て下さい。

じゃあブログ辞めるの?

毎日更新は辞めます。毎日更新しなきゃって気持ちで書くのは辞めます。「書きたくなる」って気持ちをちょっと待ってみたいと思います。

それと、僕の本業のWebサイト https://shusbox.com/ の方で、本業に纏わる情報発信は時々して行きます。

このブログはそのうちまた時々更新されるかも知れません。更新されないかも知れません。

それは神のみぞ知る。なのです。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

7回目の3.11。普段テレビを見ない僕は、昨日はテレビに釘付けだったのです。

きちんと振り返ってこなかった

もしかしたらこの7年間この3.11をきちんと振り返ってこなかったのかも知れません。7年前の3.11何をしていたのかは昨日書きました。

そこにはある種の高揚感もあったんです。それはきっとそこで落ち込んではいられないって作用なのではと思います。

ただ、5ヶ月後の2011年8月からシンガポールに赴任したこともあり、この3.11をきちんと振り返ってこなかったのかもって思ったんですよね。

人の心のケア

震災その後。僕のうかがい知れないところで色んな事が復興事業としてされています。

しかしハードの面でもそして何より、心の面でまだまだ人の心の奥にその傷跡を持っている人がいるって事を、ここ数日の番組で知りました。

泣けない。話せない。向き合えない。表現出来ない。

日本人はもともと表現を抑制される傾向にあると思いますが(私感です)、そうやって自分の心の中に仕舞い込んでいるものが、人々の心の奥底にあります。

少子高齢化とも相まって、その問題はどんどん深刻になっています。

実は自分の課題

これを見ながら、あー、これは自分の課題そのものなんじゃないか?って思ったんですよね。

僕はホント泣くことを抑制しています。これは自覚もあります。ここ20年どうしようもなくなって泣いたの多分2回です。

自分で止められなかった。だけど、その他は自分でその想いを抑制しています。

少しずつ自分の気持ちを誰かに話したり、このブログに書いたりしていますが、まだまだ出せてないことが多い。

良く、アクセルとブレーキを同時に踏んでいる様だ。と言われるのですが、きっと自分の感情を出すことをしていないこの状況がそれを思わせるんだろうなって思います。

まだまだ自分中心

良く、自分を満たし、目の前の人を幸せにする。と言われます。ですが、振り返って見るとまだまだ自分中心だなって思うのです。

しかも自分を満たせているか?と言ったらそれも??その時々で満たしてきたとも思いますが、肝心なことに気付いていない様に思います。

そして、目の前の人を幸せにすると言うのも、言葉では判っていても、自分では心ここにあらず。なんて事も多いんですよね。

自分の目の前の人のバランスってまだちょっと折り合いが付いていない感じです。

このタイミング

きっとこのタイミングで、こんな情報が入ってきたんだろうなって思います。昨日テレビで見た、子供の心の問題、年老いた人が生き甲斐を持てない状況。

これ、他人事じゃなくてまさしく自分事。色々と考えてみたい、感じて見たいと思います。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

東北の大震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします。
大切な人を亡くされた皆様にお悔やみ申し上げます。

7年前の3.11の日。ちょっと思い出してみようかな〜と。

7年前の3.11は会社で

7年前の3.11は会社にいました。みなとみらいの36階建て高層ビルの25階オフィスにいました。

ガタガタと揺れて、これはでかい!って思って机の下に逃げたんですよね。これ人生初かも。机の下に逃げたの。

ほどなく揺れが収まって、でも高層ビルはゆーらゆーらと揺れ続けるわけです。

こんなこと書いていました。

揺れながら、ビルが「ポキッ」って折れたらどうしようとか考えていました。そして「折れたら折れたでそれも人生だよね。まあ折れないだろうし」なんて考えてたんですよね。

意外と怖れてない自分が不思議でした。これが僕の本性なのか?そんな状況になったときの心理的な働きなのか?ちょっと判りません。

実は東北に兄弟と親戚

僕の祖父母は松島海岸で床屋さんを営んでいました。その当時祖父母は既にリタイアして関東にいたのですが、親戚が仙台と宮古にいました。

そして弟家族が仙台にいたんですよね。

震災3週間後の津波の地区の様子

弟は被災してから15分後に「僕は無事、家族はわからない」とだけ連絡をくれました。後から聞いたら女川原発でお仕事していたそうです。

弟の家は川が近かったので心配していました。そして24時間以上連絡が取れなくなりました。

親戚はずっと連絡取れなかったな。夜だったか翌日だったか。連絡取れたんです。仙台に住む親戚は。

でも宮古に住む親戚は結局3日間取れませんでした。住所から地図を見て、もうね完璧に津波に呑まれている地区に住んでたんですよね。

いやーまじか・・・でもどうすることも出来ない。ホントもどかしいとはこのことです。

結局、親戚一家は皆外出中で、津波から逃れて無事でした。3日間通信が途絶え、ある丘の上だけDocomoの回線が繋がるって事で、お話しが出来たのを覚えています。

初めての体験

大雪とか雷とか大雨とか何か高揚することないですが?この地震もちろん被災した人が沢山いる事は承知ですが、それとは別に何か凄い体験をしていると言う気持ちもあったんです。

会社のパソコンや、スマホでその災害の映像を見たり、会社で非常食が支給されて物珍しく食べてみたり、この先どうなっちゃうんだろう?・・・って思ってのも事実なんですよね。

会社で用意された非常食

大変だ!って思う反面、何が起こるの?って思っている。どう言う心理状態なのか自分でもよくわかりません。

もしかしたら、大変だ!って言ってふさぎ込むよりも、自分がどう役立てるのか?を自然と考えて、それで気持ちがハイだったのかも知れません。

実際に頻繁に家族と連絡を取り合ったり、夜電車が動いたので妹の家に行ったり、翌日にはネットで流れてくる、避難所の名簿の写真をデータ化して、検索できるようにするプロジェクトのお手伝いをしていたり。

お爺ちゃんの知り合いの安否を探したり。色々とやっていました。そうやって役に立てていると思える「貢献感」に充たされていたのかも知れません。

3.11の心残り

3.11で心残りはボランティアに行けなかったこと。それはお金も時間も掛かる。会社員だったから仕事をする必要もあった。

その思いは2014年の夏の丹波のボランティアに繋がった。3.11みたいな事がおきて、仕事してる場合じゃ無いだろう〜って思ったんですよね。

皆して手伝えに行けば良いのにって。まあそれはそれで色々とありますが。

少なくても僕は何かあったら駆けつけたい。今は少しはその状態に近づきつつある気はします。もちろんもっともっと自分の環境を整えないと実際には行けないですが。

3.11に実際にボランティア行ってた人、僕の回りでは自営業、起業家の人が結構いました。ありったけのものを購入してトラック借りて東北道をひた走っている人を見て凄く羨ましかったのを思い出しました。

自分もそんな行動をしたいって思います。その為にも今、自分の足下を固める事とても大事だなと。書きながら思い出しました。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

タフでしなやかな身体プロジェクト, 目標設定, 自己改革

先週に引き続き、今週も5kmのレース走ってきました。

レースだと走る

レースだと走るんですよね。なんですかね?自宅出て5km走って帰ってくれば良いだけなのに、それはやらずに、お金払って遠くまで行って走って帰ってくるのはやる。

まあメンタリティの問題ではありますが、今はそれで走るならそうしようと決めました。

平日走りたくなるかな?気合いでは走らない(笑)なんか勝手に走ってしまう仕組みが僕の場合はレースなんですね。

東京ならほぼ毎週ある。

5キロ10キロ〜ハーフマラソンくらいまでのレースは東京には毎週のようにあります。丁度良い季節だからかな?夏はわかりません。

会社帰ってきてから走るとか、フリーランスになっても走る習慣化をやっては見るものの、中々定着せずにいました。

4月にハーフマラソン申し込んだので、手始めに5kmレースを入れてそれが先週。

レースじゃ無きゃ走らないので(^^ゞ 今週も入れた次第です。

来週は10km入れました。何処まで走れるのか?とにかく完走目指します。

1度走ったからわかること

先週は淡々と5kmを33分54秒。平均6分46秒でした。走ったから判るのですが、振り返れば少し余力あったよねとも思います。もちろん走っているときは必死ですが。

なので今週は6分30秒平均の 32分30秒切りを目指しました。スタート1分位前に(笑)

最初からのこのペースだとちょっと危ういので、最初は時速6kmで走りました。結構キツイ。最初から息が上がりっぱなしでした。

後半向かい風になったり、時速落ちてきたので,最初からこのペースで行ったのはこの距離なら正解とも言えます。

理想は段々とラップがあがるが良いのですが、それはまだまだ先のお話しですね。

次の1手

今週も走ったのは正解だなと思いました。平均6分30秒の雰囲気がわかりました。ただし、来週5kmで時間短縮と、10kmをゆっくりでも完走を比べた場合、10kmをゆっくりでも完走が走りたかったんですよね。

本当は再来週に10km完走が目標なんですが、来週走ってしまえば、完走できても出来なくても雰囲気判ると思うのです。

って事で来週10kmのレースに申し込みました。さてどうなることやら。

物事はやりながら考える

できる事は、自分の手の内にあるので出来る出来内の判断が出来ます。でも、それだけで面白いのか?ってお話しがあります。

それよりも、出来そうなことだけど、まだ達成していないことを達成していくのも楽しいと思うのです。

この走ると言う事に関しては、毎週末レースを入れることで半強制的に走り、その結果を持って翌週何をするのか?を決める事が出来ます。

こうやって達成していくのは中々楽しいものです。物事をやりながら考える。こと仕事では安全に行く癖があるので、もっともっと「やりながら考える」って姿勢で仕事もやっていきます!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

ブログ, 情報発信, 自己改革

毎日ブログを書いているなっちゃんにインタビューしました。動画をどうぞ!

なっちゃんのブログ Natsuko’s Blog

Natsuko’s Blog

続け方にも色々ある

ブログが続いた理由が、「淡々」が好きと言っていました。淡々と積み重ねた先に、何があるか判らないけど、何か大切なものがあると思っている。

そんな言葉が印象的でした。

僕は強い動機と、仲間が必要でした。もちろんそれが無いと、絶対に続かないとは言わないけど、「継続」が苦手だった僕にはやっぱり必要だったなとも思うのです。

より色々な事に注意を払う様になる

ともするとボーッと何気なく過ぎ去っていく日々の出来事や景色。だけどブログと言うツールがあることで、より一瞬一瞬の時間を大切に見るようになったと言うおはなし。

僕は「ネタないかな〜」とは思って無くても「あっ、これブログに書こう。これも書ける」ってしょっちゅう思っています。

人生の解像度があがるって僕は表現しているのですが、色んな事に気付けるようになります。キレイな者だったり、嬉しいことだったり、感謝だったり。

それはそれぞれの存在の背後にあるものに思いを寄せられることでもあると思うのです。

同じ時間を生きても、得るものがずっと多いんですよね。

誰のために書くの?

これ書き続けている人に聞くと「自分」と言う人が本当に多いです。もちろんビジネスレターとかは相手の為に書きます。

だけどブログは自分向けに書く。がとても大事なんですよね。

是非この動画見て見て下さいね。

 

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

昨日は人生の目的と言うのを書いて見ました。

人生の目的を考えてみた。

今日は仕事の目的について

実は人生の目的と同じ?

仕事って、人生の大半の時間を使うイメージがあります。もちろん、そうは言っても実際に1月150時間とすると、1ヶ月30日で720時間ありますから、全体の20%程度の時間でしかありません。

睡眠時間が1日8時間として192時間。大体25%。その他の時間が食事、趣味の時間でしょうか?通勤時間、残業がある人もいると思います。

でも仕事って人生の中で凄く大事なパーツです。働くことは生きること。とも言えるくらい大事なものです。

睡眠や食事も仕事に影響ありますし、そこで得たエネルギーを仕事に投下しているとも言えます。

つまり、仕事は人生の目的の1つと言っても良いのでは?と思うのです。

振り返って見る

・人生を楽しく生きるために生きています。
・充実感を味わい、人と分かち合い、笑顔で喜び合い、嬉し涙を流し合い、そんな体験をするため。
・本当に心でわかり合える人と共感し合うため
・自分が知らない世界を探求するため

そこから、仕事の目的を考えてみると

・仕事を楽しむために仕事をします。
・仕事で充実感・達成感・貢献感を味わい、それを仲間、お客様と分かち合い、笑顔で喜び合い、嬉し涙を流し合うため。
・人との関わりあいの中で、新しい概念を紡ぎ出し、新しい商品・サービスを創っていく。

こんな感じでしょうか?でもこれは仕事の仕方のお話し。

とても大事だけど、「あなたの会社のビジョンは何ですか?」の答えとはちょっと違う。

何のための仕事

現状は、Webマーケター/ライターと言うよりもITエンジニア。

パソコンやインターネットで何が出来るか?をお伝えし、その環境を創ることがお仕事。

そのひとつが情報発信で、その為の仕組み作りと、伝え方をお伝えしています。文章書く所も含めてね。

僕のこのITエンジニアとしての力を誰かに使って欲しいんですよね。こんなこと出来んじゃね?って。

自分の可能性って中々自分では判らない。そんなアイディアあったら是非教えて下さいm(_ _)m

ITエンジニアとして

IT、パソコンとインターネットを駆使して、世の中の人にお役に立ちたい。

テクノロジーを使い、面白いを作り出し、それを通してみんなを笑顔にする。

これ、なんかステキです。まあ人の受け売りでもあります。昨日お話しを聞いた、吉藤オリィさんだったり、先日お話しを聞いた落合陽一さんだったり、そんな人からこんな言葉が思い浮かびます。

まだまだ自分の言葉になっていない。

パソコンとインターネットを駆使して、自分らしいビジネスを作り、それを多くの人に知ってもらうお手伝いをする。その商品やサービスで提供する側も受け取る側も双方が笑顔にする。

こちらの方が自分の中ではイメージしやすいです。

ワクワクしてる?

で、このビジョンを掲げたとして、ワクワクしているか?って問うてみました。どうだろうな〜。そんな世界が出来たらもちろん良いと思うのだけど、ワクワクにはもうひとひねり欲しいとも思う。

例えば、凄くいい商品、サービスが出来て「これ良いんじゃね!」って思っているときはワクワクします。そんな雰囲気が欲しいんです読むだけでワクワクする。

ちょっと作りかけたけど、ちょっと時間切れ。後日考えます。言葉が僕の、仕事の未来を導いてくれるから。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

昨日は”Who am I?”について書いてみました。

「あなたは何者ですか?」と言われて答えられないお話し

今日は”What is your vision and purpose?”について。

人生のビジョンや目的は持つべきなのか?

これも以前書いていますね。

目的のある旅、と目的の無い旅。ちょっとここで『旅』について

人生のビジョン・目標

今日丁度送られてきた友人のメルマガにこんな問いがあった。

【 あなたは何の為に生きていますか? 】

メルマガ フィール・コンパス ~いのちの真ん中を感じて生きる道~

詳細はこちらを読んで貰うと良いと思います。

文脈から仕事の目的では無くて、人生の目的を言ってると仮定して・・・

  • 人生を楽しく生きるために生きています。
  • 充実感を味わい、人と分かち合い、笑顔で喜び合い、嬉し涙を流し合い、そんな体験をするため。
  • 本当に心でわかり合える人と共感し合うため
  • 自分が知らない世界を探求するため

これらのことが僕を満たしてくれます。

これらのことを味わいたくて生きているのだな〜と思います。

自分から「ありがとう」と言いたい。そんな仕事の仕方をしたいのかも知れません。

人からありがとうと言われるのではなくて

人からありがとうと言われたくて仕事をしています。と言うおはなしを良く聞くのですが、どうも僕はこれにしっくりきません。

もちろん人からありがとうと言われることはとても嬉しいこと。だけどそれを目的にするのはちょっと違うんだろうなって思うのです。

嫌われる勇気で有名な岸見一朗先生は

ここで考えていただきたいのが「他者から承認されるかどうか」ではなく、「自らが他者に貢献できるかどうか」です。承認されることによって自らの価値を実感するのではなく、他者に貢献していくなかで自らの価値を実感する。

岸見一郎×古賀史健【第1回】今こそ求められる「承認」ではなく「貢献」によって自分の価値を実感する勇気

とおっしゃってます。

以前行った講演会でも「貢献感」のことを言ってました。

【アドラー心理学】叱らない、褒めないとはどう言うことか? 岸見一郎先生の講演会に行って来ました。

自分が役に立った気持ち

自分が役に立った気持ちが嬉しいんですね。きっと。この視点はありませんでした。

承認欲求の話しは知っていましたが、それは「ありがとう」と言われる事と理解していました。

でもきっとこれは「ありがとう」と言って貰うことじゃなくて、そこに貢献していると思えることが大事なのだと

パソコンやインターネット、Webサイト作成は好きで得意だけど、それだけじゃあきっと満たされない。

それらのことを使って人や社会に貢献したと実感出来るときに自分が満足するのかな?と思う。現段階では仮説だけど。やってみよう。

誰か僕をITと書く事得意な人として雇ってみませんか?

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。, 目標設定, 自己改革

ジェレミーハンター教授の講座を主催している稲墻総一郎さんのコラムがForbesではじまりました。

ドラッカースクールで学んだ「一人称」で語ることの大切さ

稲墻さんは、去年の9月のセミナーでご挨拶させて頂いたのですが、本当に懐の深い落ち着いた佇まいが素敵な方です。

ジェレミー・ハンター准教授の「セルフマネジメント&マインドフルネス」プログラム in Japan」を受講してきました

Who are you?

そんな稲墻さんの記事に書いてあった問いのひとつが

「Who are you?」(あなたは何者?) と言う問いです。稲墻さんがドラッカースクールで教授からもクラスメイトからも良く問い掛けられた質問です。

稲墻さんの答えは

「周囲の人たちがLove&Peaceになれる場を生み出し、その人たちがより幸せになるための支援をする人」

とのこと。そして、その後に

「これがシックリくるまでかなりの時間がかかり、かつ実体験で強く感じのだが、自分自身を深く知るには訓練が必要であり、深めて初めて見えてくる世界があることがわかった。」

と続けている。

実は以前問われている「Who am I?」

この問いは実は他の所でも問われたことがある。それは「魔法の質問 認定マスター」でのこと。

「書」と呼ばれるテキストの最初の問いが「Who am I?」なのです。この時(2015年3月)には「ITの国に案内人」と書いています。

でもこれ、今読み返して、そんなこと書いたんだ。って思うくらい覚えてないです。今日改めて、問い直してみたいと思います。

「Who are you?」の問いに答える前提として・・・

何をやっている人ですか?と言われて頭に浮かぶのは「ITエンジニア」外国の人に聞かれたことを勝手に想定していて、その解答にこれを答えている自分を想像していました。

実は最近名刺を作り替えたのですが、そこに書いた肩書きは「Webマーケター/ライター」です。

これは僕がありたい姿を書いた肩書きです。しかしまだ意識は「ITエンジニア」なんだなと感じました。

僕が目指したい未来

この問い今年の元旦にしています。

2018年の目標を立てる前にすべきこと。

その中で

1人1人が自分らしく生きる世界

と書いています。うーん、ちょっと緩い印象です。もう少し明確にしたい。

Who am I ?

回りの人が笑顔になったら良いと思うのです。笑顔には色々と種類があるけど、自分が好きなことに没頭して、頑張った人が報われる。そんな笑顔のお手伝いをしたい。

「お客様が笑顔になるビジネスを共に作り上げるWebマーケター」

とここまで書いて、これは「現在」では無いと思った。

「お客様が笑顔になるビジネスを共に作り上げるITエンジニア」

うんこっちの方がしっくりくる。何か書いていてちょっと腑に落ちた。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

先日5km走に出ました。

自分との約束が守れない話し・・・

ホントはもっと走っているはずでした。週に3回くらい走りたい。でも走ってないです。

目標を行動目標まで落とし込む

「いいわけ」はいくらでも出てきます(^^ゞ。暖かい地に行って、走る準備までして結局走れてないって現実があります。

これをどうにかしたいわけです!

そもそもって話し

そもそもなんで走ろうって事になったのか?自分が勝てる範囲でしか行動していない。ある人に言われたこの一言が本当に腑に落ちたんだよね。

ホントそうだ!って。

そう思って頭に浮かんだのが走るコトでした。最初は走れてたけど、段々と走らなくなるのです・・・

これって「日常の引力」なんですよね。普段が走らないのだから、やはりそれに引きずられる。過去何度も同じことをしています。

そんな時の5km走

そんな時の5km走。走って無くても、この距離なら何とかなるんです。これは完走と言う事で言えば、勝てる範囲内の行動。

でも、走ってみると判るけど、結構大変。翌日腰は張るし、軽く筋肉痛も出るし、今日は走って2日後ですが、何か色々とカラダと対話しています。

甘く見すぎているんですよね。色んなことに。ホント僕の悪い癖。でも甘く見ているから挑戦出来ているとも言えます。

これは以前公言したので、取り敢えず出るか〜って感じで出たんです。

全力を出せたのか?

一応完走はしました。全力は出せたか?と言えば出せてない。それは、そもそも全力を出す練習をしていないからなんですよね。

走るコトで全力を出す方向性って2つあります。1つはタイム、ひとつは距離。

個人的には距離を伸ばす方が今は楽。想像でしか無いのですが、5km30分切りと、10km走るのだったら、何となく10km歩かずに走りきる方が出来そうな予感がします。

記録はちょっとずつ伸ばすしか無いので、自分が思う方向へまずは行ってみます。

10kmのレースは3月25日です。

そこまでの「日常の引力」に勝つには

とは言え3週間また日常の引力があるわけです。まあ、家出て走れば良いだけなのですが、仕事が!読みたい本が!付き合いが!セミナーが!と優先したいものも沢山あります。

そこで「時間を天引きする」と言う法則を思い出しました(笑) 走らざるをえない状況を作るしか無いんですよね。

ってことで、3月10日にまた5km走入れました。同じ距離なので

  • 完走すること
  • 33分54秒を切る(平均 6:46/km)
  • 32分30秒を切る(平均 6:30/km)

を目指したいですね。

僕は自分のやる気に期待するよりも、ある程度の「縛り」が必要なようです。たしかに「やりたいから!」でやれている人は羨ましく思うのだけど、無い物ねだりをしてもしょうが無い。

よくよく考えてみればやりたい事でやっている事も沢山ある。

今回はちょっとした縛りを置いて走るコトにしました。

走るコトが継続出来た先に何があるのか?

走ることの先に何があるだろうって考えてみました。

実は42.195kmは歩ききったことがあります。2014年12月のシンガポールマラソン。でもこれ、ほぼほぼ歩き。戦える範囲内での戦いでした。

ハーフも出たことあります。10kmまで走れたけどその後は歩いてしまいました。

ハーフが走り切れたらひとつ自分の自信になります。

そして走る事が楽しくなったら、良いこと沢山あるように思うのです。何か直感ですが。

そしてカラダが軽くなると、気分も晴れるように思います。もっともっと行動的になると思うのですよね。

そんな楽しい未来を想像して走れたらと思います〜。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

世の中は伝え方がとても大事です。伝え方が9割。

有名人は別

有名人は、良くディスっている人、もしくはディスってる感じの表現をする人いますよね。

目の前の人を潰したり、ホントに些細なことを延々と追求していたり。それで売っている人は確かにいます。

そしてそれが正義、正しいことと思って真似するのでしょうか?人を批判する人っています。

有名な人はそれで、お仕事を貰っていたりするのですが、それをいくら真似ても仕事になる事はあまりないと思います。

と言うのはその路線で行くには、相当の(怒りや批判の)エネルギーを使うので、お仕事レベルになるには相応の覚悟が必要です。

凡人がディスっていると

凡人は大抵、何かの記事を引用したりしてディスっています。もしくは自分に起こったことに対して怒っていたりします。

他人の記事を引用して怒りや、その対象をなにやってんだとか、ダメだとか言っているのって、

  • 対象となった当事者としての視点が欠落している
  • 記事を書いた人の視点や思考で書かれている
  • 文章なんて如何様にでも書けると言う視点が欠けている
  • ディスっている記事で気持ちよくはならないので、読みたい人が少ないと言う事に気付いていない

ことがとても多いです。

例え対象となる記事が沢山イイネが着いていても、その裏にいるサイレントマジョリティの存在に気付いていないことも良くあります。

そんな人にスルーされているのです。

人間の小ささが露呈する

そう言う僕が実は、昔、人の批判しかしていない人でした。思い出すのも嫌ですね〜

で、人を悪く言っている人は、間接的であれ、直接的であれ、自分の事を棚にあげているか、代替案すらも出さないで、当事者意識が欠落しています。

ただただ、批判しているのです。外野の安全なところから吠えているだけです。

僕はまさしくそんなことをやっていたんですよね。

5年10ヶ月前に受けたセミナーで、本当に気持ちが変わって、未来思考になったように思います。

そのセミナーから1年後くらいに、当時 勤めていた会社の後輩と飲んだのですが

「上田さん、変わりましたね。昔は人の批判しかしてなかったので、今日は前向きな話ししかしてないですよ。」

って言われたんですよね。その時に気付きました。僕はそうだったんだなって。それくらい、人のことを悪く言う事は人に良い印象を与えません。

ちなみに、今も時々その思考は出ます。正直。でも話していると気付けるようになりました。不意に口を突かないように気を付けています。

批判よりも意見を

もしも批判をしたくなったら、それを意見にする様に気を付けています。

僕だったらどうするかな?

もしも意見が出てこなかったら、基本意見しません。それは当事者になれないから。政治の話しだって、その裏には色々な隠れている理由があるんですよね。

それを良いだの、悪いだのって言えないなって思うのです。もう、それよりも僕には出来ないし、やりたいと思わない政治のことを考えて下さって、ありがとうございます。と思っています。

だから、もしも少しでも批判をするのであれば、そこに自分の意見を載せるようにしています。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?