カキモリ行ってきました。テンションあがりまくり( ^ω^ )

2017年11月1日マーケティング, 書くことは、生きること。マーケティング, 書くことは、生きること。

カキモリと言うお店に行ってきました。

どんなお店

カキモリで一番有名なのはオリジナルのノートが作れるところです。好きなデザイン、好きなパーツ、方眼、縦書き、横書き、無地、好きな紙を選んで、作ってもらえます。

正直、むっちゃテンションあがりました(笑)

その他にも自分の名前入りオリジナル便せんが作れたり、オリジナルの万年筆やボールペンのインクが作れたり、とにかくテンションあがる「書く」道具がいっぱいです。

ノートを作ったよ

実はノートを作りに行ったのです。

  • 先日ステキなペンのプレゼントを頂き、書きたくなった。
  • そのペンを頂いたお返しを贈りたかった。
  • パソコン、スマホに書くのは得意だけど、手で書く習慣が欲しかった。

お気に入りの表紙、裏表紙、中の紙、ペン刺し付きの留め金、角を守る留め金、ノートを閉じるコイルの色まで全て選べます。ついつい、おまけ沢山付けてしまった!(笑)

もう、贅の限りを尽くしました。むっちゃ素敵なノートになりました。

このノート、書き終わったら中身を交換出来るのです。書き終わったものは、別に閉じてくれて、新しい紙を入れられるんですよね。

マーケティング的にも、既存顧客が再度帰ってくる仕組みなので、そこも素敵!(但し、リフィルはちょっと値が張りますが、それもなんか満たされると言う不思議なビジネスモデルです!)

マーケティングのヒントがいっぱい!

このお店、平日の夕方だというのに凄くお客様が沢山いたんですね。オンリーワンのお店、さすがだなって思いました。

もうひとつ、ノートの素材がとても良いものを使っています。それ故お値段もそれなりにします。ですが、きちんと作った製品って、オンリーワンだと値段の意識が遠のきます。

これって面白い発見でした。素敵な、オンリーワン製品って作るの中々難しいですが、自分の「これ欲しくない?」って欲求をもっともっと鋭敏にしたいなって思いました。

このオンリーワンな雰囲気は、iPhoneに似た雰囲気を感じました。

もう、他に選択肢が無い。欲しいか欲しくないか。それだけ。こんなビジネスモデルが作れたら、さぞかし楽しいだろうなって思ったのです。

買う人を幸せにし、提供する側も嬉しい。自信を持って商品をお届け出来て、買い手側も販売側も適切な金額を支払い、受け取る。

こんなお仕事を見つけたいな。そう思ったカキモリの体験でした。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

2017年11月1日マーケティング, 書くことは、生きること。

Posted by 上田修司