『楽しいとしんどいはワンセット』を受け入れると、本当に欲しい『楽しい』感情がやってくる。

仕事, 書くことは、生きること。仕事, 書くことは、生きること。

世の中には2つの『楽しい』があります。

一つはお金で買える『楽しい』です。もうひとつはお金で買えない『楽しい』です。

お金で買える『楽しい』

これは簡単に想像出来ますね。

  • 温泉に行く
  • 美味しいモノを食べに行く
  • 美味しいお酒を飲む
  • 欲しいものを買う
  • 旅行に行く
  • 遊園地・テーマパークに行く

などなど。多くの人が体験した事ある『楽しい』だと思います。

お金で買えない『楽しい』

お金で買えない『楽しい』はちょっと難しいです。体感しないとわからないから。

世の中で楽しそうな人ってどんな人がいますか?

僕が思いつくのは

  • 山下達郎さん
  • 故日野原重明さん
  • イチローさん
  • 故岡本太郎さん
  • 中田英寿さん
  • 木村秋則さん(奇跡の林檎)
  • 荒木経惟さん
  • 宮本卓さん(ゴルフカメラマン)
  • 高砂淳二さん(水中カメラマン)
  • 2015年のラグビーワールドカップの日本代表

等々

みんな、良い車乗って、良い家住んでお金もあって、良い服を着て、素敵な人に囲まれて…

だから楽しそう!なのではないですよね?

みんな、何か打ち込むものがあって、それを長年、楽しいからやっていたら、なんか凄いところに行ってしまった。

その凄いところで、それこそ、地道な努力と、誰もまだ踏み入れたことのない世界を自分で開拓して行った。

でも、それは好きだから開拓せずにはいられなかった様に思えます。大変でしんどいこともあっただろうけど、だからこそ得た、まだ見ぬ世界を見れたのだと思います。

その先にあるまだ見ぬ、言葉では伝わらない感情を得て、彼らは光り輝いている。

さすがに世界一、世界初とは言わないけれど、そうやって没頭没入できる物があると、人は人は色んなものを度外視して、頑張れるような気がします。

そしてそんな風にして頑張れるものを見つけたい!そう思っている人って一定数いると思うのですよね。

『楽しい』と『しんどい』はワンセット

去年のしつもんカンファレンスで、沖縄風庵の店主 金城男さんが、『楽しい』と『しんどい』はワンセットと言う事をおっしゃってました。

僕が金城さんのお店に行った様子はこちらから

金城さんは大嶺實清先生のお皿に惚れ込み、そのお皿を売るために、琉球料理のコース料理を振る舞うお店をやっています。

もちろん楽しい事、好きな事をやっています。でも、だからと言って、お店の毎日のメンテナンスか?と言ったら、それは大変だとも言ってました。

お客様にお話しをしたいので、琉球料理の勉強もします。それは楽しいけれど、同時に大変でもあるんですよね。自分が好きを突き詰めるとは、きっとそういう事なのだと思うのです。

本当に手に入れたい『楽しい』と言う感情はどっち?

お金で買える『楽しい』とお金で買えない『楽しい』。どちらも『楽しい』と言う感情なので、一緒くたになってしまいそうです。

ですが、あきらかに、買えるものと、自分で成し遂げるものと2つあって、それは全く別のものだと思うのです。

多くの人は最初、買える『楽しい』を欲しがるし、一生それは必要だと思います。ですが、それとは別の『楽しい』と言うのがあって、本当はその『楽しい』を探し求めて、人は悩み、苦しむのだと思います。

  • 自分の魂の声は何だろう?
  • 自分の使命は何だろう?

と。

これは僕の勝手な憶測ですが、それは『大変である事』を受け入れたとき初めて自分の前にやってくるのだと思うのです。

自分が達成したいことは、『大変』だけれども、きっとその喜びは何物にも代え難い。

もちろん『大変』なのは躊躇することではあるけれど、でも『大変』であるが故に自分が得られる『楽しい』も格段に大きいのだと思います。

楽しいとしんどいはワンセット。この言葉に自分の人生を打破するヒントがあるように思います。