【タフでしなやかなカラダ】プロジェクト始めます!

2017年8月21日タフでしなやかな身体プロジェクト, 書くことは、生きること。タフでしなやかな身体プロジェクト, 書くことは、生きること。

今日ゴルフ行ってきました。暑くて、湿気が多くて最後の方は精神力との勝負でした。前回も書きましたが、改めてタフでしなやかなカラダを作るためにどうしたら良いかを考えてみます。

何で書く元気が無いのだろう?を考えてみたらタフでしなやかな身体が欲しくなった話し

例えば今日のゴルフどんなだったら良いのか?

今日のゴルフずっとカートに乗っていました。カートの乗り降りとそこからボールまでは動いていたので普段よりは動いていると思いますが、最後はバテバテでした。

ではどうなっていたら良かったのでしょうか?

  • アップダウンがあるコースではあったけど、スタスタと歩けたら良かった。
  • 最後までしっかりとスイングが出来ていたら良かった。
  • 最後まで楽しくゴルフが出来ていたら良かった。最後ちょっとバテたのが残念。
  • こんなコンディションでも2日や3日くらいは平気でラウンドできる体力がある良い
  • 18ホール終わった後もテキパキと動けたら良かった

1週間前も似たようなこと書いています。

運動をした翌日は張りがあるのは当然です。でも、それが少しでも少ない状態を目指したいです。

理想は、過去に一度だけ味わったマジュロ島のホテル、ロバートレイマーズのベランダで風に吹かれている時に感じたリラックス感。脱力感。

自然と一体になった感じ

本当に気持ちの良い時間でした。体に感じた感覚は、風に吹かれた感覚だけ。

あの感触を味わいたくて生きていると言っても過言ではありません。

僕が今、求めている「感覚」を言語化する事を試みてみた

タフなカラダってどんなカラダ?

では、ぼくが思い描くタフなカラダってどんなカラダなのでしょう?

最初に出思い浮かぶのが、シンガポール100kmトレイルのゴールシーンを見た時に見た選手達。

身長は高く、無駄なモノは付いていないカラダ。細いだけでも無い。必要な筋肉は付いている。トライアスロン、アイアンマンで見るような人のカラダです。

サッカーの中田英寿さんも、タフな人として思い浮かびます。暑いワールドカップで最後まで精力的に動き回り、終了のホイッスルとともにピッチに倒れこんだ姿は未だに忘れられません。

野球のイチロー選手は、とにかくしなやかさを感じます。しっかりとした体感と、自在に操れるカラダ。ケガが少なく、息の長さが印象的です。

僕はスポーツ選手では無いし、スポーツ選手を目指すわけでは無いけれども、スポーツにそのヒントはあるのだと思います。

まずできること

僕はブログを毎日1900日以上の書くことで、継続のチカラ、習慣のチカラをスゴく感じて来ました。

毎日の運動習慣が、タフでしなやかなカラダに繋がると信じています。特にカラダが硬いので、まずはストレッチと体幹がポイントだと感じます。

そして、ウォーキングやジョギングの運動習慣を身に付けたいです。

習慣化のコツはルールは極力緩くです。

ストレッチはその日気になるところを一箇所以上。体幹はドローイングだけは毎日。ウォーキング、ジョギングは毎日5000歩以上を歩く。くらいから始めて見るのが良いかと思います。

まずはこんな習慣を3日間、3週間、3ヶ月続けて見る。これをやりたいと思います。

その他に

  • きちんと睡眠をとる睡眠習慣
  • カラダが欲するものを食べる食事習慣

を意識します。

これらの記録はInstagramで公開して行きます。

よろしかったら是非フォローして下さい!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?