書くことは、生きること。

昨日は、ブログのタイトルは本部よりも力を入れようと書きました。

ブログのタイトルは、本文よりエネルギーを掛けて付けよう

そこで大事なのが「具体的に、判りやすく」です。

なんで人はそのブログを読みたくなるのか?

人がそのブログを読もうと思うのは、それがその人にとって

大事な情報があるかもしれない。

と思うからです。

ブログの筆者に興味があるから読むと言う事は、それほど多くなく、ブログを読むのは、あくまでも読者自身のためです。

読まれるタイトルとは

そもそもタイトルで、ブログの中身がある程度わからないと、クリックされる事はまずないでしょう。

とても抽象的なタイトルで人を惹きつけるのはとても難しいと思います。タイトルは本文をある程度説明した者になると思います。

抽象的なタイトル

よくある抽象的なタイトルは、例えば

  • 最近気になること
  • よかったお話し
  • 感動した話
  • 大切なこと
  • 雑記
  • 私について

こんなタイトルが抽象的なタイトルだと思います。

これは読んだだけでは、どんなことが書いてあるのかわかりません。さらに、こんなタイトルを見て、読んでみたい!

と思う人は、あなたのことが大好きなファンだけです。

逆に、ファンがたくさんいる人はこんなタイトルが時に読まれることもあるかもしれません。

具体的なタイトル

例えば抽象的なタイトルの中に書いた、「最近気になること」、と言うお話があった場合、その本文の中で何が書いてあるのか、そのタイトルを見た人にわかるように書かないと、読まれる事はありません。

最近、眠れないなぁ、と思っているならばそのことに関してブログを書いたとします。

タイトルはもちろん本文によって決まるのですが、例えば内容が最近ちょっと睡眠が足りないんですよね。より良い睡眠をするためにこんなことをしてみよう。

そんな内容の文章だったとします。

そんな時のタイトルは、

最近眠れないので、夜の過ごし方を根本的に変えることを決心したお話し

例えばこんなタイトルになります。

すると読み手は、なるほど睡眠がうまくいかないのね。どんなことをするのかな?そんなふうに気になります。

同じ悩みを持っている人には気になるタイトルですし、以前その問題を解決した人がいたらば、そのブログ記事を読んでアドバイスをくれるかもしれません。

これくらい、具体的な記事内容を書くことが大事です。

具体的すぎるのも問題、わかりやすさが大事

同じ睡眠の内容でも、例えばエアウィーヴと言うお布団を変えたらぐっすり寝れました。と言うお話だったとします。

この時タイトルを、

エアウィーヴ

と書いたとします。これ具体名なので具体的ではありますが、この単語を知っている人はまだクリックする可能性がありますが、この単語を知らない人はまずスルーするでしょう。

こんな時は、

お布団を変えたらぐっすり寝れたお話

こんなタイトルにすると、より多くの人がいるかと思います。

ですから、読まれるタイトルのコツの第1歩は、具体的かつわかりやすく。

そこを意識できたらと思います。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

ブログ読まれませーん!と言う声を良く聴きます。

本屋さんで本を買うとき

本屋さんで本を買うとき、なにで決めてますか?僕は

  • タイトル
  • 著者
  • 装丁(デザイン)
  • 値段
  • 興味がある分野か?
  • ペラペラめくってみて
  • 直感

こんな所です。直感と書きましたが、これはほぼほぼ、タイトルと装丁を見て気になるものを買います。

これをblogに置き換えると、SNSでシェアした場合を考えれば、表示される写真とblogのタイトルになります。

もしもタイトルが「大切なこと」みたいなタイトルだった場合、あなたは買うでしょうか?

もちろん著者が超有名人、例えば今をときめく羽生結弦君だったら沢山売れそうです。でも、特に有名でも無い僕らは「大切なこと」って書いてもほぼほぼ読まれません。

今の人は特に忙しくて、興味を持ったものとか、大切なものしか読まない傾向が強くなっています。

例えばタイトルが・・・

例えばタイトルが、「大成功した僕が大切にしている3つの事」(願望w)だったらどうでしょうか?

僕が羽振り良く生きてそうに見えて、それの秘密を書いたとしたら、最初の「大切なこと」よりはずっと興味を持つのでは無いでしょうか?

本は中身を読んでから買うわけではありません。その他の情報で買うわけです。

タイトルは本文よりエネルギーを掛けよう

blogを書き始めた人には、もう書き続ければ良いと僕は言います。

だけど、大分書き慣れてきた人、余力がある人は、内容が判るような、もしくは読みたくなる様なタイトルを付けることを意識したら良いと思います。

SNSでシェアしたときなどは、読まれる率が変わるはずです。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

自分なんて・・・こんな言葉をずっと自分に言っていると一体どうなるのか?

謙虚なのか?

Facebookでも、Twitterでも、blogでも、自分は●●がダメで、××が苦手で、■■が出来なくて、ホントダメなんです。

って言っている人時々見ませんか?

僕は会社員だった頃に、1年に1回社内評定の自己申告に、そんなコメントを書いていたんです。

そうしたら、上長に呼ばれまして、「こんなコメントじゃあ、僕が評価すること出来ないじゃないか、もう少し●●が出来ました、△△が進みました、ってアピールして欲しい。」

と言って、その評定表を突き返されたことがあります。

自分では思ったままを書いたのですが、確かに言われた通りかもね。なんて思って、その1年間良かったことを探して出し直したのです。

良かったところは何処ですか?

1年であれ、1ヶ月であれ、1日であれ、振り返るときに、気持ちよく振り返るには、「今日はどうでしたか?」ではなくて、

今日、良かったことは何ですか?

と問い掛けるようにしています。それはblogでも同じで、自分が成長するためには、自分の悪いところを書くのでは無くて、良かったところを書く。

これは思考の癖で、人はついつい欠けているところを探します。

だからこそ、良かったところを意識的に探す思考の癖をつけないと、自分の言葉で自分を傷つけるんですよね。

そして自分に傷つける癖がある人は、他人に対してもそう言う目で見てしまう。そんな傾向があります。

人に悪いところ指摘されて、嬉しい人はいません。もちろん、それで発展することもありますが、それよりも良いところを伝えてあげて、そこを気づかせてあげるようにしたいと、僕は思います。

反省にも仕方がある

とは言えまったく反省しないのも、進歩がありません。じゃあどうするか?

●●が悪かったです。△△が出来ませんでした。

と言う言葉が出てきたら、その言葉を言い直します。

●●が少し出来る様になりました。明日は■■を頑張りたいと思います。
△△が少しだけ進みました。当初よりは遅いですが、進んでいるので今日は××に意識を向けて★★出来たら良いなと思います。

と言う風に言い換えるのです。

口を突いた言葉は、それでも気付いたら直したら良いし、書き言葉blogは書き直せるので、積極的に治します。

良い思考習慣をつける

言葉には、自分が普段している思考がそのまま出ます。思考習慣って習慣ですから、悪い方向へ考える思考習慣は、自分もおとしめて、回りもおとしめます。

良い方向へ考える思考習慣は、自分を肯定し、まわりも勇気づけます。

これの積み重ねを毎日やったら、半年後、1年後どう変わっているのか?それはもう答えは見えているのでは無いでしょうか?

変にポジティブになる必要も無いですが、良いところを見る習慣は、自分に対しても、他人に対しても持ち続けたいものです。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

ビジネスは尖ったビジネスが良いよね。エッジが効いたビジネスが良いよねって言われます。

どんなビジネスが尖っているのか?

僕の中での解釈は多くの人が関心を寄せていること、あたりまえと思っているコト。それとは違う事をする事です。

世の中では、ピラミッド型の組織が非常に多くの会社で見られる組織の形です。

でも今、話題になっているのは、個々人が自分の意見を言い、それを自分で色々試しながら実行し、それを受け入れる組織がある。

とてもフラットな組織論が話題を呼んでいます。

先日沖縄の那覇から2時間もかかる片田舎の、人気の少ない別荘地にあるお店は「玄米菜食」の身体に良い素材をふんだんに使っている食事を出すお店にいったら、連日お客様がひっきりなしにいらしている光景を見ました。

多くの人は、白米、炭水化物、お肉、甘いものを買い求めるけど、一部の健康を意識する人には、玄米菜食の美味しいお料理は遠くてもわざわざ行きたいお店になります。

僕自身で言えば、blogを毎日書き続けていると言うのがひとつ尖っていることです。回りを見渡しても、毎日書き続けている人はやはり少数派です。

どうやって探すのか?

広く世の中の人が行っていること、当たり前と思っていることで、自分が違うことをしていたり、思っていること。

平たく言えばそんなことに注目することになります。

今自分がやっている仕事も実は結構尖っている可能性があります。自分のまわりにはそんな人が多いから気付かないかも知れませんが、そうでない人の所に行ったら、その人は尖りまくった人です。

経理が出来るとします。経理が出来る人の中に行ったら当たり前のことも、プログラマだったり、営業だったり、総務の人の中に行ったら経理に関しては凄い人になるわけです。

そしてその経理の知識、技術が必要な人の所に行ったら、それがビジネスになります。

そしてその人にまかせたら、自分のビジネスの一切の経理が完璧になり、かつ経営指標となる数字を出してくれて、経営の躍進に役立ってくれたら、その人が感謝されないはずがないのです。

あなたが、他の人とちょっと違うところ

あなたが、他の人とちょっと違うところ。皆はこう思っているけど、実は自分はちょっと違う意見を持っている。

世の中、●●が信じられているけど、自分は違う意見を持っているんだよね。

多くの人は△△をするけれど、僕はこんな事をしているんだよね。

そんなものがありませんか?もしかしたらそれが尖ったビジネスのヒントになるかも知れません。

お客様にとってのゴリヤクに繋げる

あなたが、多くの人と違うところがあって、それがある種の人に役に立つとしたらそれはビジネスになる可能性があります。

それをベースに、アイディアを広めていって、深めていって、お客様に自分が出来る最大限のゴリヤクが届ける。「自分が出来る最大限」これが大事です。

そんなことがビジネスで大事なのかなと思います。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

昨日のblogで、ブログを書き始めるには対して理由はいらないけれど、blogを書き「続ける」には強烈な理由が合った方が良いというお話しを書きました。

でもそんな理由って・・・

いやでも、僕も無かったんですよね。そんな理由。だから続かなかったとも言えます。である日、その強烈な理由が色んな導きがあって目の前に現れたのです。

詳細は端折りますが、身体の不調から辿り着いたある治療院。そこで隣に居た人。そしてその人のメルマガを取り始め、読んだり読まなかったり。

そして5年経ったある日、その人のお話を聞きに行って、そこでその強烈な理由と出逢ったのです。

強烈な理由は外からやってくる

今までと同じ人に合い、今までと同じ生活をし、今までと同じ環境に身を置いている限り、今までと同じ人生を歩むか、時には知らず知らずのうちに人生が劣化していることもあります。

何かを変えなければなりません。小さな習慣を変えるのも良いですが、その先に何があるかも判らず、どんな効果があるのかも判らずに続けるのは中々難しいことです。

僕がお薦めするのは

人に会いまくる

です。自分の世界に居ない人に会いまくる。あっ、この人良いなって言う人に会いに行く。あっ、この人面白いなと言う人に会いに行く。

信頼出来る友人が薦める人に会いに行く。

人と会いまくると、中には頭をかき乱してくれる人がいます。「えー、それありなの?」そんな生き方をしている人がいます。

もちろんネットでも、本でもそう言う人に知り合えますが、実物を見るとリアリティを持ってその人のぶっ飛んだキャラクターに触れられるのです。

そう言う経験が自分を変えてくれます。

もちろんぶっ飛んでいる人が全てが自分を変えてくれるわけではありません。ですが、沢山に人に会い、触れあっていると、沢山のロールモデルが出来ます。

色んな生き方を知ることが出来るのです。そうすると、その中から自分に合った人や、自分が心地よく思う生き方をしている人に出逢います。

そんな生き方をしたい!そう思えたときに、その人みたいな生き方をするには?と言う割と抽象度の高いテーマを持って、日々の気付きや学びを綴っていくのです。

そうすると、ある一定の時間は掛かりますが、段々とその人のエッセンスが取り入れられて、さらに自分と言うエッセンスは必ず入るので、自分オリジナルの生き方が生まれてくるのです。

出会う人はひとりではありません。何人も何人もあって、この人からはこのエッセンスを、この人からはこのアイディアを。そうやって、自分の思考の枠を広げると自分の思考が広がります。

それはすなわち自分の人生の可能性が広がると言う事なのです。

どうやって会いに行くの?

友人の紹介などは、割と早く会えるかも知れません。ですが、憧れの人にアポ取るのは中々難しいですよね。

そんな時は、セミナーを受ける、コンサルを受ける、講演会に行く、勉強会に行く。これです。

最初にお金を払って会いに行くのです。相手方もその人のレベルによりますが、何度も接触をしていると段々と覚えてくれます。

と同時に、その人をより深く知ることが出来ます。普段どんな口調で、どんな口癖があって、どんな思考癖があって、どんな表情で、どんな風にまわりの人と接していて、どんなことを考えていて・・・

そんなことが段々と自分の中に染み込んできます。

ですから、気になる人にはどんどんと接触することをお薦めします。

そうやって、自分がこれだと思える生き方に出会えたら、書きたくなることも沢山増えてくるはずです。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

ブログを毎日書く。情報発信を毎日する。ブログを1日書くのは簡単でも、毎日書き続けるには、ちょっと工夫がいるようです。

僕が思う、毎日書き続ける為に必要なものをお伝えします。

1.ブログを書く強烈な理由

ブログであれメルマガであれ、Instagramであれ、インターネットを使った情報発信って、1日やるとか、気が向いたらやるって言うのは簡単です。

でも、それで継続されるか?と言ったら、継続出来る人はごく希でほとんどの人が、その情報発信をフェードアウトさせてしまいます。

僕が感じるのは、少なくてもブログを始めて1年〜2年は、継続するための強烈な理由が必要だと感じます。

僕の場合は、「自分で事業をし、自分の人生をコントロールしている人生を送っている人と同じ世界に行きたい!!!」って強烈に思ったからです。

付随して「あのサラリーマン生活には2度と戻りたくない!」って思いがありました。

商売をしている人であれば、自分が愛する商品を沢山の人に届けたい!お客様に届けたい、自分が溺愛してやまない商品を知って欲しい!

そんな自分なりの情報発信をする理由となる想いです。

そんな想いを、もしくは想いのかけらを見つける事が大事です。

想いのかけらは、書き続けていくと2つに別れます。

  • 書き続けられない
  • どんどん思いが深まる

前者はそれまでだった、って事だと思います。本当にやりたい事なら10日だったり、30日だったり、100日だったり、毎日だったり。書き続けられると思うのです。

後者は、最初はこれかな?くらいに思っていたものが、書くことによってどんどん面白くなったり、どんどん商品・サービスに対する想いが深くなっていきます。

そんな想いをまずは探してみて下さい。

ちなみに、極々希に「ブログを書くのが楽しい」と言う人がいます。それはそれで続きます。ですが、そんな人はすでにブログを勝手に始めてやっていると思います。

多分この記事を読んでいるあなたはそんな人では無いと思います。

2.「毎日書く」ためだけに、他のルールは全部排除する

ブログを書く強烈な理由が見つかったら、その為に邪魔なルールは全部排除する覚悟です。

情報発信と言うと

  • 読み手のために書かなければいけない
  • 論理がきちんと通って無ければいけない
  • その日のうちの夜23時59分までに書かなければいけない
  • 1000文字無ければいけない
  • 1日最低5記事書きましょう
  • 1日抜けたらもうダメ

色々な「●●でなければならない」と言うおはなしを聞くと思います。それは他人が決めた勝手なルールかも知れませんし、自分の勝手な思い込みかもしれません。

そう言う、ブログを書くときのルールを極力排除することが大事です。

上の例で言えば下3つ

  • その日のうちの夜23時59分までに書かなければいけない
  • 1000文字無ければいけない
  • 1日最低5記事書きましょう
  • 1日抜けたらもうダメ

は完全に無視して良いです。1日抜けたら、

・前の日に戻って書く
・新しい継続の1日目を今日から書く

どちらでも良いですが、淡々と綴っていくことが大事です。ちなみに僕は前者です。どんどん数字があがって行くからです。

上2つは

  • 読み手のために書かなければいけない
  • 論理がきちんと通って無ければいけない

一理ありますが、最初は無視しましょう。ずっと後になって考えるフェーズがやって来ます。

とにかく1日5分で良いから書き続けるが大事です。

3.環境を整える

毎日書くと言うことは、ブログを書く環境としていつでもどこでも書くと言う姿勢が大事です。

そしてその為の環境作りが大事です。

パソコンを準備する。スマホを準備する。スマホでブログを書く環境を準備する。写真を撮る癖をつける。

ネタ帳を作る、ネタ帳としてEvernoteをセットアップする。ネタが閃いたらすかさずメモをする。

最初から完璧には行きません。でもだからと言って、ずっと何処でも更新するためにできる事は全部やる。

そんな意識が大事です。

さらに、毎日更新するためには「仲間」の存在が絶対不可欠です。1人でやっていても、最初のうちは自分のモチベーション、やる気で更新しようと思います。

ですが、気持ちが落ちているときも、仲間が更新しているのを見ると、今日も書こう!って力が出てきます。そうやって繋がっている1日1日が大事なのです。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

オンラインスクールの構成の作り方について聞かれたので僕のやり方をお伝えしますね。

前提条件

  • 既にお届けしたいターゲットは決まっているものとします。
  • 既にお届けするテーマも決まっているものとします。

ブレストをする

お届けするテーマに関して、お伝えしたいこと、自分がやって来たことをとにかく書きまくります。

どんなに些細なことでも良いです。当たり前すぎることでも良いです。重複しても良いです。とにかく講座に盛り込む可能性があるものは全部出します。

全部出し尽くした!と思った後に5分くらい「あと何か無いかな?」と粘ってみて下さい。そこに良いネタがあるかも知れません。

ものによってはネットでの調査が必要だったり、調べ物や取材が必要な事もあります。

マインドと行動・技術に分けます

ブレストしたものをマインドと行動・技術に分けます。

例えば僕が「パソコンが好きになる講座」をやるとします。でしたら

①パソコンを「苦手」と言わない
②パソコンを毎日1回開ける
③ブラインドタッチの練習をする
④セキュリティーソフトを入れる
⑤便利な設置をする

なんてあると、①②がマインド編、③④⑤が技術編。そんな感じです。中には、マインド編にも技術編にも含まれる。そんな人もいると思います。

その場合は両方に入れておきます。

マインド編、技術編にさらに追加する

マインド編、技術編に分けると、そこに並んでいる項目に触発されてもしかしたら、この項目があったとか、この項目も追加しておこう。

なんてあると思います。それをどんどん追加していきます。

並び替える

ざっと出良いので、出てきた項目をマインド編・技術編別に並べていきます。順番があるものもあるし、優しいものから難しいもの。そんな風に並べていきます。

ざっとで良いです。

技術編の前提知識を洗い出します。

技術編を説明する上で共通して知っておいて欲しいこと、言葉の説明等をします。

各項目の台本を作り、動画を撮り始めます。

各項目の台本を作ります。人によっては要点のみ書いた紙を見ながら話す人もいるでしょう。

そして動画を撮ります。

スムースに撮れる人もいますし、お話ししている内容が納得できずに取り直すこともあるでしょう。

動画を撮り始めると、構成が少し変わったりしますので微調整します。

こんな感じで僕は構成を作りました。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

昨日は友人主催のお食事会へ〜

ゆっくりと食事をする

昨晩は友人主催のお食事会へ。お店はいつもお世話になっている「おなかま」さん。

とても贅沢なお野菜達。葉っぱを葉っぱとして食べる。いんげんを食べたらきちんといんげんの味がする。

胡麻を食べたらきちんと胡麻の味がする。そんな贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

食事って今までは5分とか、10分とかそんな感じの摂り方が多かったです。最近、一口一口味わいながら、お箸を置きながら食べるようにして、20分、30分。

大分変わってきました。

でも友人達と2時間、食材を味わいながら食べる時間は別格です。

理想的な食卓とは?

毎日は難しいけど、でも時々は・・・なんかこんな文章を書き始めたのですが止めました。

理想を言うなら、1人で取る食事は避けたいもの。大切な家族や友人とゆっくりと食材を味わいながら、語り合う食卓が毎日続いたら楽しいよね。

それは自分をリラックスさせる食卓。

 

2人なら2人の楽しい時間、4名なら4名の楽しい時間、10名なら10名の楽しい時間があります。

昨日は12名+お店のスタッフ2名の14名で楽しく豊かな時間を過ごしました。

豊かな時間とは?

自分にとっての豊かさとは何だろう?ってちょっと思いを巡らせてみると

  • 大切な人と一緒に居る時間
  • 素敵な人と一緒に過ごす時間
  • 人と関わって楽しく過ごす時間
  • 人の幸せを見て居る時間
  • 人が幸せそうにしているのを感じている時間
  • 美味しいものを食べている時間
  • 自然を感じて居る時間
  • 自分を感じる時間
  • ステキな本を読んでいる時間
  • 異文化に触れあっている時間

こんな時間が何か大事だなって思うのです。

対象は、人、自分、自然、本、旅。こんな時間をどれだけ作れるのかな?って思います。

生きているな〜って感じる時間

先日、落合陽一さんが、

「今午前4時、この生きてる感が好き」

この通りのツイートでは無いのですが、見つからなかったので・・・

生きてる感って、実は他の所でも感じます。僕の場合思い出すのは

スコットランドのリンクスで、凄い風の中ラウンドしたときに実は「生きてるな〜」って思ったんですよね。

実はこれも凄く豊かな時間だなって思うんです。

そんな豊かな時間を思い出して、そんな時間が沢山取れるように過ごしたいと思います。

そうでもしないと、時間がどんどん過ぎていくのでね。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

自分の人生は自分で決めるものだと思ってました。でも・・・

みのもんたさんの記事

昨日こんな記事を読んだんです。みのもんたさんが奥様の納骨を6年間出来なかったお話し。

【新潮45】みのもんた「納骨する気になるまで6年かかった」―― 妻に先立たれた男は何を想うのか

凄くステキな奥様で、最後まで、みのさんと家族のために全力を尽くしそして天に召された。そんなお話しです。

みのさんは、僕はあの物言いが自分には会わなくてそれほど見たわけじゃ無いけど、こんな献身的な奥様がいらしたんですね。

僕は結婚をしていないので、何か凄く羨ましくてね。ついつい全部読んでしまいました。

僕は寂しさをあまり感じない?と言う勘違い

半年くらい前でしょうか?ある人とお話をしていて、僕は余り寂しさを感じないと言いました。もちろん時々、不安になる事はありました。

でも年に1,2回。

だから不安だから誰かと付き合うと言う事は多分無くて、好きだから付き合うものだと思っています。

でもですね・・・それ強がりだったのかなって思います。

みのもんたさんの記事を読んで

まあそれでも僕は人だから、色んな事を感じる訳ですよ。色んな人に会い、色んな事を見て、色んなものを読んで、もうホントに色々感じて、考えています。

そんな時に、ふと思うわけです。なんか人生このままじゃあ嫌だなと。

家族を持たないまま死んでいったら、ホント後悔するだろうなってね。誰とも心通わせずに死んでいったら、どんだけ後悔して寂しいんだろうと。

KEIKOと同じ高次脳障害の僕が、小室哲哉不倫疑惑報道に感じたこと

この記事も読んでて、何か凄く羨ましいって感情も一部にあるわけです。

落合陽一さんの話しを聴けば、どれだけ世の中のために思っているのか?って思うんですよね。

それに対して自分ちっちぇーなって自己嫌悪にもなったりします。

天命

みのもんたさんの記事にもありましたが、自分の命はいつ潰えるかは誰にもわかりません。でも死ぬときはきっとそれが天命なんですよね。こればかりはコントロール出来ません。

できる事と言えば、車に気をつける事。毎日楽しく生きようとする事。目の前のことに感謝すること。目の前の人に感謝すること。

今まで自分の人生は自分でコントロールすると思っていました。細かい所で言えば、人が用意した人生では無くて、自分が選んだ人生を選びたい。

そう思って会社も辞めたわけです。でも大きな自然の流れには逆らえない事も実は凄く実感しています。

自分が生かされている理由は何だろう?ってホント考えます。

そして自然の流れに身を任せてみたいとも思うんですよね。そうすると、今まで片意地張って生きてきた自分が少し緩むんじゃ無いかな?って思うのです。

振り返っていれば

振り返って見ればそれでもある程度は自然の流れ、自分の心の流れに従って生きてきました。

10年前の自分と比べたらずっと心も身体も良い自分がいます。それもこれも、最初にカラダの声に従い、その後、心の声にも従ったからです。

ちょっとずつ、身体の声、心の声が聞こえてきました。これからも少しずつ感度を上げて、自分が求める場所へ・・・と言うよりも、自分が求められる場所へ。

そんなところに行きたいなとふと思ったのでした。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

ブログ, 書くことは、生きること。

ブログを習慣化するとネタ問題が浮上してきます。過去にも何度か書いています。

ブログよりも優先したい事が沢山あってブログが書けないときのネタ

夜の23時57分からどうやってブログのネタを捻り出すのか?

ネタが無いときの定番の話題はコレ

鉄板ネタ

ブログのネタに困った時に書く鉄板ネタは、「ブログのネタが無いのは何でだろう?」と言うネタです。

生きていることが全てネタだと今では思っていて、ただ単に書けること、書けないことの分類があるだけに思っています。

書けないことって言うのは、人に迷惑をかけるか、自分のプライドとか価値観とかそんなものが書けないと言っているかです。

それ以外のことは全部ネタだと思っていて、例えば僕の会社員時代を思いお起こすと、毎日眠くても起きなければいけない。それに何でだろう?と思っていた。

それを記事にする。

例えばこんな感じ

毎日9時に出社しなければならない。9時ギリギリはオフィスの入り口が大行列だけど、それって無駄じゃ無い?フレキシブルにすれば良いのに?

それを考察する。

毎日12時〜13時にしかご飯が食べられない。お腹空いてないのに何でだろう?

毎日午後は眠くなる。少し仮眠取らせてくれたら、もっと効率良く働けるのになんで寝たらいけないのだろう?

会議が無駄に感じる
何で残業しなければいけないの?
売上上げろと言われるけど、上げかたのヒントが貰えないのは何でだろう?経営者アホなの?

とかもう色んなことを考えていたわけです。

それをひとつひとつピックアップすれば記事なんて無限に出てくると思います。

自分のプライドと価値観で書けない記事

ネタはあるけど、自分のプライドと価値観で書けない記事。これは1つの成長ポイントです。

それを書けない自分がいる。そんな時は、まずブログの前にノートに書いてみる。これだけでもかなりスッキリ。

その上で何で公に出来ないのだろう?どうしたら公に出来るかな?公にしたらどうなるのかな?そんなことを考えてみても良いし、

その公に出来ない事の考察をしてみてもいい。

そして個人的な経験上、いーや書いちゃえ!って書いてみると意外とそれが色んなことの突破口になっていたって思う事が凄く多いです。

多分書いちゃいけないことって実はあまりないように思います。まあまだありますけどね。

ブログを書く時間が無いなら・・・

なんで時間が無いんだろうがネタになるし、ブログを書く気力が無いなら、なんで気力が無いんだろうもネタになります。

その時に、自分が何を優先するのか?を考え直すきっかけにもなります。

そうやって自分を知り、自分の人生を作っていけます。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

セミナー, 行ってきた

現代の魔法使い、落合陽一さんのトークショーに行ってきました。

NewsPicksのトークショー

NewsPicksと言うメディアサイトがあって、そこのNewsPicksアカデミアと言うサービスがあります。月額5000円で公演チケット1枚、書籍1冊、会員限定記事が読めるサービスです。

以前一度北方謙三先生のトークショーに行きましたが、今回は現代の魔法使い落合陽一さんでした。

北方謙三先生のトークショー

会場は多分600名くらいの人がいました。NewsPicksの佐々木紀彦編集長と落合陽一さんのトークショーと言う形式。

佐賀県のイカの話しとか、もう本当に種々雑多は無しがどんどん繰り出されていきます。ざっと30人分くらいの仕事はしてそうです。

で、内容はどうよ?

で内容はどうだったか?って言うと、ブロックチェーンだの教育だの、看護の問題など何か色々話していました。だけど正直ついて行けない。

話すスピードも速いし、内容も専門性が高く、使う言葉も難しい。

でも、じゃあ退屈か?って話しなんですが、そんなこと無いのが不思議です。

去年は情熱大陸にも出演された落合陽一さんのそのエネルギッシュな話し方、話しの端々から出てくる、人類全体への優しさ、目の前の人ときちんと向き合って話す態度。

その全てに色んな事を感じました。時間の半分は会場の人との質疑応答だったのですが、とにかく相手を威嚇したり、威圧したり、否定したり、くだらないと言う素振りを見せたり。

そんなことが全く無いのです。全ての質問者に丁寧に、だけど早口で(←本人も自覚している)解答していました。

そして、ホント色んな分野に目を行き届かせ、日本を変えていきたい!と言う思いが感じられたんですよね。

じゃあ何を得たの?

彼のエネルギッシュな活動と、その話し方から、「元気」と「やる気」と「刺激」をもらいました。

何か、上手くやってやろう、と言う自分の気持ちの小ささがちょっと見えました。

何かまだまだ、自分ができる事なんて一杯あるんじゃ無いの?なんて思ったんですよね。

早速彼の書いた「日本再興計画」読んでます。いやー、初っぱなから超刺激的な本。読まずにいられない!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

苦手って言う人いますよね?そんな人に向けて・・・

苦手って何だろう?

調べてみましょう

得意でないこと。不得手。

Weblioより

得意で無いこと!いやちょっとビックリ。世の中のことほぼ全部じゃん!って思ってしまいました(笑)

料理も、最近は寝ることも、掃除も、世の中にあるほぼ全ての仕事も(笑)

僕は苦手なことは無いと思っています。その代わり、

できる事と出来ない事がある。

好きなことと、好きでないこと、嫌いなことがある。

と思っています。

苦手と言うメリット??

仕事柄、パソコン苦手!文章書くの苦手!考えをまとめるのが苦手!って言われます。

でそこで感じるのは、「苦手!」と言うから、いつまでも欲しい結果が得られないのでは?って思うのです。

苦手と言えば誰かが手伝ってくれる。もしくは自分がやらなくて良い理由にしているだけに思います。

赤ちゃんは、最初歩けません。でも歩くの苦手って多分思っていません。

歩く大人を見て、なんか真似してみる。そのうち段々と歩けるようになる。大事なのは、それをやりたいかどうか?その先にあるものが欲しいのか?それだけだと思います。

知っているか、知らないか?

パソコンを例に取ると、パソコンで、できる事って、いっぱいあります。

だから考えるポイントは、パソコンを通して本当にやりたい事は何か?です。

大抵は、Facebook、情報発信、写真の整理、動画を見ること、メール、集客。等々。

そんなやりたい事をまず明確にすると、自ずとその道筋もわかりますし、得意な人に聞くことも出来ます。

僕も、パソコン教えて下さい。では何から教えて良いのかわかりません。写真の整理方法教えて下さいなら、僕がやっている方法をお知らせする事が出来ます。

そしてそれを「知る」事が大事です。やり方を教えて貰ったり調べたりして、知れば1歩前進。

すると、知りたいことは、今度もう少し詳細な事になります。

人は忘れやすい動物ですし、一気に覚えるのはかなり大変です。なので少しずつ覚えて行くのが凄く大事です。

知ってしまえば、それは苦手になりません。

好きか、好きで無いか、嫌いか?

もうひとつの視点は好きか嫌いかです。仮に出来たとしても、やりたくない作業だったら、どんどんエネルギーを奪われます。

そんな時は、誰かにお願いしてしまうのが得策です。好きな人、やってくれる人にお金を払うことで、やる必要はあるけど、やりたくないものを進めることが出来るのです。

さらに好きなモノでも、もっとエネルギーを掛けたいものがあったらそれも人に依頼するのが吉です。

苦手と言っていると止まってしまう作業も、好き嫌い、知ってる知らない。と言う切り分けが出来ると、今後どうしたら良いのかわかっていきます。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

よく、考えすぎ と言われます・・・

考えなさすぎの弊害

これ良く僕が思うことですが、もう少し考えたら良いのにって良く思います。

自分の好きな事を仕事にしたい!って人います。でもそこで止まっている人凄く多いんです。

止まっているとは「言語化」出来てないという事です。

自分の好きな事を仕事にしたい!ではちょっと漠然としすぎています。だから何をして良いのかわからないって人多いかな?って思うのです。

その自分の思いから

  • 好きとはどう言うことか?
  • 好きなことは何か?
  • 仕事って何か?

こんなことを深掘りするだけでも大分違ってきます。

考えすぎの弊害

逆に考えすぎの人も多いです。こうやって書いている僕がそもそも「考えすぎ」とよく言われます。

個人的には、

  • どうでも良いことを考えすぎ
  • 大事な事を考えなさすぎ

って思っています。書いててそう思いました(汗)

で考えすぎの弊害は、行動が遅いことです。あーでもない、こーでもないと考えすぎて、その先の行動が遅いです。(当社比です)

で考えすぎると、上手く行く方法も探すけど、同時に出来ない理由も探しているような気がします。

大事なのは行動

こうやって書きながら思い出すのですが、人生で一番大事なのは「行動」です。どんなに考えても行動しないと、何にも変わりません。

自分で口酸っぱく言ってて、恥ずかしい限りですが、『考えすぎ』てその分、行動が疎かになっているとはちょっと本末転倒です。

潜在意識も、行動も0.2秒

未来質問と言うワークがあります。そのワークでは10年後最高の人生を歩んだとして、どうなっているか?を質問をしたら0.2秒で答える。そんなワークです。

この0.2秒と言うのがすごく大事で、頭で考えることが出来ないので、頭にパッと思い浮かんだものを答えるしか無いのです。

でもそれこそ、自分の中にあったもの。

それと同じで、あっ、やりたい!って思ったら基本即行動。が大事なのだと思います。

走りながら考える

とはよく言われることです。こんな大切なことを思い出した今日のブログでした。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?

書くことは、生きること。

最近、自分が見ている視点がとても気になります。

自分向き視点、外向き視点

僕プロフェッショナルとか情熱大陸とか大好きなんです。そこに出てくる人って、色々居ますが、皆すごく外に対して影響力がある人です。

それを見ていると僕の視点って自分向いているんじゃ無い?もっと外に向けたいけど、どうしたら自然とそうなるのか?ひとりで頑張って無理矢理向けるのは、持たないななんて感じているわけです。

パターン1 超絶外向き人間

これお医者さんに多いです。寝る時間も食事の時間も削り、患者様の為に!と言う姿勢が色濃く出ます。さらにスキルも凄い。

もうホントに頭が下がる思い。すげーな。今の自分には、この感覚ないな〜と思うわけです。

もう人生を捧げてますよね。

この人達は、原体験に身近な人の死があったりします。そして、世のため、人のために身を粉にして働いている。

その人達の原動力は、命を救うと言うとてもプリミティブな気持ちだし、患者さん達の笑顔です。

その他にも海外に行って、現地に溶け込んで献身的に活動をする人などはこの類いですね。

パターン2 世界中の人を笑顔にする人

その対極にあるのが、自分の中の「好き」を徹底的に磨いていく人達。スポーツマン、俳優さん、アーティスト、作家さん、漫画家さん。

自分の中の「好き」を磨くコトで、そこから出てくるパフォーマンスや作品が人に喜びや笑顔を与える。

なんとも羨ましく思う反面、その現実を見ると「凄い」のひとこと。その徹底ぶりが凄すぎて、怯みます。

プロと言われるアスリートは、想像を絶するトレーニングしてる。とても耐えられないし、出来ないし、多分カラダ壊れる。

ただ、やる競技にもよるけど、超一流と言われる人には、やはり見てくれる人に喜んで貰う。そう言う意識がある人も多い。

パターン3 凄いスキルで人の役に立つ

もうひとつ、頭によぎるのが凄いスキルのある人。英語がスペシャルに出来て、色んな場面で、言語が違う人のコミュニケーションを取ったり。

徹底的なマーケティングの経験、知識とセンスを持ち、情熱を持って会社を再建する人。

世の中にはそんなに知られないけど、その業界では有名人。

このタイプは、最初は与えられた仕事だったかも知れないけど、そこで花開いた人の様に思えます。

自分の気持ちが仕事とピッタリ合ったのか?何となく続けてたら天職となったのか?そこはわかりませんが、自分の生きる場所を見つけた人に見えます。

回りの雰囲気もキュッとしまって、皆集中してどんどん成果を上げていきます。そんなまわりの人を巻き込むスキルも素晴らしいです。

パターン4 存在がそもそもありがたい人

もう居るだけでありがたい。その人が居れば場がなごみ、笑いが起き、元気になり、笑顔になる。

そんな存在の人がいます。

きっと色々な葛藤があった上で、そう言う心持ちになったのだと思いますが、何かふとその人の空気感に包まれたい。

そう思う人っています。こんな人も、関わる人に笑顔になって欲しいと言う気持ちがあるのだと感じますね。

自分を振り返ってみて

この記事を書く前に、視点が自分にあるのか?外にあるのか?と言う話しを紐解いてみたかったのですが、書いてみれば皆「外向き」の視点があります。

何か、自分ばかりに向きすぎている感じを自分では持っているので、もっともっと目の前の人や、そのまわりの人に視線を向けるを心がけたいと思います。

それはむりくり向けるのでは無くて、自分が日々やっている活動の中で、意識をすると言うことなのだと思います。

振り返って見れば、そこそこ出来ている気もしてきました。これをどんどん伸ばせて行けたら良いですね。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?