オンライン講座を作っているときにご縁があった文丘雄清さん。僧侶であり、エンジニアであり、フィナンシャルプランナーというスーパーマン。

文丘さんの著書を拝読しました。

どんなことが書いてあるのか?

この本を読んだからと言ってお金が増えるわけではありません。でもお金に対するあたりまえの事を知り、意識を改める。そのことで結果として増えると言う事は充分にあると思います。

本書はそんな、お金に対する基本的な理解と、それに纏わる様々人間の心理をとてもわかりやすく、説明してくださっています。まさしく僧侶さんだけに、心洗われる1冊。

内容は

  1. お金の悩みの原因は煩悩である
  2. お金の正体とは?
  3. 投資への偏見を取り除き、お金に働いてもらう
  4. 好きなことをして収入を増やす
  5. お金とのご縁のつなぎ方
  6. お金の不安をなくし幸せを引き寄せる

こんなテーマの6章立ての本です。

煩悩について

煩悩について色んな面からお話しをしてくださっています。特に僧侶であると言う観点から、煩悩に纏わる古くから言われている事を引用しわかりやすくお話しくださっています。

最初は「わかってるけど、でも煩悩あるんだから、それをどうしたらいいの?」って思ってたんです。

でも読み進めてみると、自分の煩悩って何か取るに足らないことばかりなのかも知れないと言う想いになってきました。

そして「足るを知る」と言う言葉が今更ながら引っ掛かり、自分の中で今足りているもの、そして本当に欲しいものを、読むのを一度止めて書き連ねてみました。

あー、何かホントどうでも良いことに拘りすぎているのかもね。なんて思えたんですよね。

まだまだ煩悩は消えませんが、それよりも自分がAttention(注意)を向けるべき事に意識を向けられる気がしてきます。

お金の正体とは?

そしてお金の正体のお話しが続きます。お金は価値を交換するツールである。価値を保管するツールである。とのお話しは納得できても、どことなくお金=汚いものと言う先入観があります。そこでお金をもらって良いの?ってね。

そんな心理状態の罠をわかりやすく、本来のお金の役割と解いてくれます。そして、お金に関する、当たり前すぎる公式

あなたのお金={(収入-支出)+資産}×運用利回り

と言うとてもわかりやすい公式を元に、お金の基本的な扱い方、使い方を示してくれています。

この本の大事なポイントはこの2つの章だと僕は感じました。

お金の正しい使い方とお金の正しい得かた

正しい使い方と言うのは、自分の心理状態にも寄るなって読みながら思いました。同時に得かたもはやり自分の気持ちがとても大事です。

3章以降は金融商品への投資、自己投資、お金を使うと言うこと、好きなことを仕事にすると言う事等々のお話しへと続きますが、

とにもかくにも、

あなたのお金={(収入-支出)+資産}×運用利回り

が基本中の基本であり、それをどう運用するのか?どう言うお金の使い方をするのか?どうお金を扱うのか?将来のお金についてどう考えるのか?

と言うポイントで示してくれています。

お金について良く理解出来てないなって言う人に、基本を押さえるのに適した本だと思いました。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?