マーケティング, 書くことは、生きること。

カキモリと言うお店に行ってきました。

どんなお店

カキモリで一番有名なのはオリジナルのノートが作れるところです。好きなデザイン、好きなパーツ、方眼、縦書き、横書き、無地、好きな紙を選んで、作ってもらえます。

正直、むっちゃテンションあがりました(笑)

その他にも自分の名前入りオリジナル便せんが作れたり、オリジナルの万年筆やボールペンのインクが作れたり、とにかくテンションあがる「書く」道具がいっぱいです。

ノートを作ったよ

実はノートを作りに行ったのです。

  • 先日ステキなペンのプレゼントを頂き、書きたくなった。
  • そのペンを頂いたお返しを贈りたかった。
  • パソコン、スマホに書くのは得意だけど、手で書く習慣が欲しかった。

お気に入りの表紙、裏表紙、中の紙、ペン刺し付きの留め金、角を守る留め金、ノートを閉じるコイルの色まで全て選べます。ついつい、おまけ沢山付けてしまった!(笑)

もう、贅の限りを尽くしました。むっちゃ素敵なノートになりました。

このノート、書き終わったら中身を交換出来るのです。書き終わったものは、別に閉じてくれて、新しい紙を入れられるんですよね。

マーケティング的にも、既存顧客が再度帰ってくる仕組みなので、そこも素敵!(但し、リフィルはちょっと値が張りますが、それもなんか満たされると言う不思議なビジネスモデルです!)

マーケティングのヒントがいっぱい!

このお店、平日の夕方だというのに凄くお客様が沢山いたんですね。オンリーワンのお店、さすがだなって思いました。

もうひとつ、ノートの素材がとても良いものを使っています。それ故お値段もそれなりにします。ですが、きちんと作った製品って、オンリーワンだと値段の意識が遠のきます。

これって面白い発見でした。素敵な、オンリーワン製品って作るの中々難しいですが、自分の「これ欲しくない?」って欲求をもっともっと鋭敏にしたいなって思いました。

このオンリーワンな雰囲気は、iPhoneに似た雰囲気を感じました。

もう、他に選択肢が無い。欲しいか欲しくないか。それだけ。こんなビジネスモデルが作れたら、さぞかし楽しいだろうなって思ったのです。

買う人を幸せにし、提供する側も嬉しい。自信を持って商品をお届け出来て、買い手側も販売側も適切な金額を支払い、受け取る。

こんなお仕事を見つけたいな。そう思ったカキモリの体験でした。

IT/パソコン, WordPress, ブログ, マーケティング, 仕事, 情報発信

先日の南河内に話しにせよ、自分のビジネスにせよ、知ってもらうこと。知ること。この2つがとても大事だなって思うのです。

知ってもらうこと

  • 素敵な人がいたので紹介したい
  • 美味しいお店があったので紹介したい
  • 自分のビジネスを広めたい
  • 面白いことがあったので共有したい
  • セミナーをやることになったので知って欲しい

等々

自分では無い人に何かを伝えたいってこと良くあります。

特にビジネスでは、自分がやっている事を知ってもらわなければ何も始まらないわけです。

インターネット前とインターネット後

インターネットが広まる前は、知ってもらうと言えば自分の身近な人に限った話しでした。それは口コミによって伝わります。多くの人に知ってもらうには、マスメディア(テレビ、新聞、雑誌等)に載せるしか無く、それは個人では現実的な話しでは無かったのです。

所がインターネット後はこの多くの人に知ってもらうと言う手段が出来ました。さらに身近な人にもお伝えする方法が増えたのです。

個人が知ってもらうにはインターネットか口コミがメイン

個人の人が、自分以外の人に、または多くの人に自分のビジネスを知ってもらうには、口コミかインターネットがメインです。

特に強力なのが口コミです。口コミには「良かったよ」って評価が含まれます。何が良かったかは色々とありますが、商品にせよ、サービスにせよ、その人自身にせよ、良くないと口コミは起こらないわけです。

そしてインターネットで知らせるにしても、自分がいくら「素敵だ、凄い」と言ってもそれを信じてくれるのは身近な人だけです。

他人の声があって、その評価は上がっていきます。

大切なのは、最初の一人目。その人に満足して貰うには?

ビジネスで大事なのは最初の一人目。その人に満足して貰うにはどうしたら良いか?これを考えるしか無いです。多分、自分ができる事を全てやる。って答えになります。

すると、色々な事が見えてくるわけです。その見えてきたことを、また次の機会に修正して、また次の人に満足して貰う。それの繰り返しが段々とビジネスになります。

インターネットが無くても良い?

口コミだけで広がる商売も沢山あります。でも、口コミしたいと思ったときに、インターネットの媒体があると、口コミする方も楽ですよね。

さらに、新しく出会った人にお話をするときもインターネットの媒体があったら説明が楽になります。

インターネットでの情報発信って、最初から上手く行くってことはあまりありません。それは最初からスタスタと歩ける子供がいないのと同じです。

色んな情報発信を自分で試してみて、色々と感じ取ったり、慣れたりしながら少しずつ成長していく。そんな意識が大事です。

ですから、どんな形であれインターネットでの情報発信は1日も早く始めた方が良いと思うのです。

マーケティング, 情報発信, , 書くことは、生きること。, 自然

岩国市の南河内地区に行って沢山のステキなものに出逢いました。で思ったのはこれどうやって知ってもらうのが良いんだろうってことでした。

南河内で紹介したいもの

僕は40時間くらいの滞在だったわけですが、その中でも素敵なものをいくつか見ました。このブログでは表現しきれないくらい素敵なものがあるわけです。

  • 「自然児」を地でいくパン屋さん。力強くそして「精一杯」生きるってことを感じました。そしてパンが美味い!
  • 満天の星空。自分は宇宙の一部である事を感じさせてくれます。
  • 心穏やかになる清流。自然とその流れに惹かれてしまいます。水遊びしたい。
  • のんびりと浸かれる温泉。カラダが緩まないはずが無いです。
  • 限界集落での数々の営み。いったいどんなビジネスモデルなんだろう?
  • 錦川に沿って走る、のどかで味のある錦川鉄道。春先には桜と菜の花が満開になるそうです。
  • そして一面に広がる田んぼ。ここで農業体験出来たら良いだろうなって思うわけです。
  • 錦帯橋と岩国城。錦帯橋は4つのアーチが連なる見た目にも美しい橋。岩国城は行ってませんが高台にあり遠く瀬戸内海まで見渡せます。

ざっとあげるだけでもこれだけあります。特筆すべきは、人と自然です。

どんなメディアが考えられる?

ざっと書いて、思いついたのは動画。景色や営みを様々な角度から切り取り繋ぎ合わせる。動画ほど訴えるものは無いと思うのですよね。

素敵な動画が撮れたら、きっと人はそこに身を置きたいと考えるはずです。

そして取材をしてそれを一つ一つ記事にすることです。特にそこに生きる人のお話しは、都会に住む人には凄くヒントになるはず。どう見せたら、多くの人に読んでもらえるのか?

それが多くの人に届けば届くほど、南河内に訪れたいと思う人も増えるはずです。

そして最後はやはり、マスメディア。テレビの影響はとても多いでしょうね。何か面白い企てが注目を浴びると、その可能性も増えるかと思います。

課題

情報発信

情報発信ってホント、エネルギーいるんです。実際には、動画を撮る技術、編集する技術、センス、書く技術、話しを聴く技術、そして時間。

これ、中々片手間で、ボランティアでって言うのが難しいなって思います。どうしたら、良い発信が出来るのだろう?あまり気張らずにまずは出す事かな?

あとはクラウドファンディングも、面白いテーマがあれば現実的に考えられるかも知れません。

宿泊

南河内の地域に宿泊する所が無いように思います。そもそも需要が無いのだろうから、それも致し方ないです。ホームステイだったり、古民家をみんなで修繕したり。この辺りはどこかの地域の前例があるかも知れませんね。

名物料理

土地の名物の料理と言うのがあまり思い浮かびません。広島のお好み焼き、福岡のもつ鍋、名古屋のひつまぶし、大阪のたこ焼き。なんか、岩国ならではの郷土料理が、もっとクローズアップされたら良いなって思います。

地方の課題

上に上げた物って、岩国の南河内だけでなく既に、多くの地域で実は考えられていると思います。そんな前例を参考にしつつ、効果的な情報発信って何が出来るだろう?そんな視点が大事そうです。

そして上に書いた魅力、実は現地の人はそれにあまり気付いていません。それはそれが日常だから。自然もきっと退屈なものって思っている人もいると思います。

なので情報発信と同時に、現地の人の啓蒙活動も大事な気がします。

なんかつらつらと書きましたが、日本にある数々の魅力的な人や、土地、場所、自然。そんなものがわかりやすく閲覧出来るようになったら、日本の可能性もさらに広がるのでは?そんなことを考えました。

マーケティング, 仕事

僕はデジタルマーケティングと、その一環としてWebサイトの制作も行っています。もしも自分がお客様だったら、どんな人から買いたいだろう?

こんな視点が実はとても大事だと思います。

僕がお客さんだったら

僕が自分のWebサイトを他の人にお願いするとしたら、

  • 自分の意見をきちんと受け取ってくれる人
  • 自分の話をきちんと聴いてくれる人
  • 信頼出来る人
  • 自分の想いを形にしてくれる人
  • 読み手にとって判りやすいWebサイトを作ってくれる人
  • 僕のビジネスの話しも聴いてくれる人
  • 他にも諸々相談出来る人
  • 怒らない人、優しい人、楽しい人
  • 売れる方法を知っている人
  • 売ったことのある人
  • デザインセンスのある人
  • 技術力のある人

こんなのが出てきます。

自分を振り返ってみて

自分を振り返ってみて、何処まで出来ているのだろう?と考えます。割と良い線行っているものもあるし、まだまだって所もあります。

これから身につけたい技術もあります。そこはこれから伸ばしていきたいし、実際に今チャレンジもしています。

ビジネスにおいてお客様の視点はとても大事

当たり前の事なのですが、この視点が結構難しい。自分のお客様が本当は何を求めているのか?この点って、こと自分の事になると凄く難しいです。

他の人のことは見えます。それは自分が本当にお客様の立場だから、『欲しい』『欲しくない』が明確です。

でも反対の立場になると難しいのですよね。それだけにお客様の立場を意識する事がとても大事なのです。

お客様や他の人に沢山聞いて見よう

お客様の立場って中々想像が出来ません。こと自分のビジネスになると特に。そんな時は聞いてみるが一番良いです。

何で買ってくれたのか?本当に欲しいものは何か?他にどんな商品があったら買いたいか?何で他の人じゃ無くて自分なのか?

こんな所に沢山のヒントがあります。

そんな人になるためには何が出来るだろう?

自分が思い描いた、もしくはお客様から聞いた中で自分でも取り入れたいそんな要素を、どのようにしたら身につけられるのか?

そんな視点がとても大事です。

そしてそれを考えたら、速やかに実行をする。そんなことで、自分のビジネスが段々と軌道に乗ってくるのです。

是非、自分がお客様だったら。そんな視点を持ってみてください。

IT/パソコン, Webデザイン, WordPress, ブログ, マーケティング, 書くことは、生きること。

僕はWebマーケティングの仕事をしていますが、メインはWebサイト制作です。

Webサイトを作る人

Webサイトを作る人には、

  • ビジネスを始めるから作る。
  • ビジネスは既にしているが、よくWebサイトがあるか?を聞かれるので作る。
  • ネット上の問い合わせ先が欲しくて作る。
  • 今のビジネスをよりスケールさせるために作る。

こんな人が多いです。

Webサイト作ってすぐにお客様が来る人

中にはWebサイト作ったら来るって思っている人が時々いらっしゃるのですが、そんなに簡単には行かないと言うお話をすることがあります。時には、Webサイトを作ることをお薦めしないこともあります。

お客様がすぐ来る人は、既にファンがいてその人に関わりたい、仕事をお願いしたいと思っている人が潜在的にいる。そんな人は最初から問い合わせを頂くことが出来るように思います。

Webサイト作ってすぐ来ない人

一方、作っても来ない人は、お仕事に直結するお知り合いがほとんどいない人です。

例えば僕の仕事が、女子中高生向けのお洋服を作る。なんて仕事だったとします。すると関係する知り合いがいないのですぐには中々ビジネスになりづらいです。

仮に、そのあたりの事情に詳しい人と知り合いになれたとしても、洋服のデザインが出来るわけでも、そのあたりの事情に詳しいわけでも無いので自分の仕事になりえません。

例えパッションがあったとしても、その確率は低いです。

最初のお客様は自分の知人と言う場合がほとんど

個人ビジネスの場合、最初のお客様は自分の知人と言う場合がほとんどです。見ず知らずの人の商品をいきなり買うことってあまりありません。

あるとすれば、売る商品・サービスに魅力があった場合。それがかなりユニークなものであったら可能性はあります。

でもいきなりそんな商品を持っているという人も実はそれほど多くないです。

あなた本人と、あなたの売る商品・サービスに違和感がなく、かつそれを必要としている人が身近にいる。

そんな場合にはじめて売れます。

じゃあなんでWebサイト作るのか?

個人ビジネスは口コミで広がる事がほとんどです。友人・知人に対していい仕事をした時、もしもその人があなたのビジネスを紹介したい!

って思った時にWebサイトが無いと、どうやって伝えていいかがわからないのです。紹介された人も、口頭だけでは不安になることも考えられます。

また、どこかで知り合いになりあなたのビジネスに興味を持ってもらった時に、あなたのビジネスと、あなた自身に興味が湧くと思います。

そんな時にそんな情報がWebサイトにあったら、Webサイトをみてもらうだけで、その情報を手渡すことが出来ます。

そんな時にWebサイトは有効なのです。

Webマーケティングのテクニックは不要なのか?

Webマーケティングが多くの人には不要なのか?ここはその人のビジネス次第です。スケールさせたい!って思った人にはやはり必要です。

SEOも大切だし、SNS拡散も大事。広告を出すことも有効だし、コンテンツマーケティング、オウンドメディアも有効です。

でも、これらのビジネスをするには、技術、時間、人員、スキル、経験、知識、お金、色々なものが必要になります。

最初からポンッってうまくいくのは難しいのです。最初からうまくいく人にお願いしたとしても、かなりのエネルギーは必要になります。

そしてそれをするに値する相応の商品も必要になります。

もしも将来そんな商品を扱うなら、今から勉強しておくのもいいと思いますが、そのためには、そんな商品を作る覚悟、その商品を運営する覚悟。

そんなものも同時に必要になる。そんな風に思います。

マーケティング, 仕事

多くの人は、何かひとつ続けてきたことって何かしらあると思います。

AdobeStock 94182273

僕だったらIT、Web制作とブログ。

みなさんも、健康に関すること、お客様に接すること、ヨガ、瞑想、呼吸法、しつもん、教育、子育て、Excel、お客様とのメール対応、医療、薬剤、法律、コンサルティング、マーケティング、開発、マネジメント、人材育成、パートナーシップ、カウンセリング、コーチング、営業、自動車、建築、建設、土木、設備、ゴルフ、アパレル、料理、etc…

何かやってきたことがあるのでは?って思います。

ITのプログラミング言語に関するパターン

AdobeStock 80894400
仕事って長い間続けてくると、ある一定の「パターン」って見えてくると思うのです。もちろん1から10まで一緒ということはなくても、あーこれはこのパターン。これはこのパターン。

僕だったら、プログラミング言語。プログラミング言語って沢山種類があるし、次から次へと出てきます。

ですが、

  • プログラミング言語の覚え方、学び方
  • プログラミング中で使うロジック
  • 開発ツールの使い方

ってかなりの部分共通だったりします。

Web制作に関するパターン

AdobeStock 80389127

最初制作事業を始めた時は、それぞれの人にカスタマイズしたWebページと思っていました。ですが、僕の場合、スモールビジネスがほとんどです。

すると表示するメニューってかなり同じです。

  • サービス/商品(複数になる場合も多い)
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 問い合わせ
  • メルマガ
  • 無料プレゼント

大体こんなものです。

それぞれの仕事にそれぞれのパターン

AdobeStock 84106534

  • 営業だったら、お客様のパターン、購入パターン。
  • 人材育成だったら、人材のパターン。
  • 恋愛相談だったら、相談のパターン。
  • 薬だったら、○○系の薬や、薬の効用のパターン。
  • ブログだったら文章のパターン。読まれる記事の傾向。
  • 主婦をやっていたら、料理を作るパターンとその応用パターン。

何かしらあるはずです。もちろん100%では無いですが。

そうすると、それぞれのパターンに対して、こうやると上手くいくなどの成功パターンもある程度はあるはずです。

コンテンツ化をしよう

AdobeStock 55428850

それらのパターンって体に染み付いていて、経験則として各人の身体の中にあるような気がします。

そしてそれを他の人に「伝える」事は中々難しいと感じているかもしれません。

ですが、それを「伝えよう」とすることが、コンテンツを作る鍵なのです。100%は伝わらないと思います。ときには50%かもしれません。

でも、それをコンテンツとして作ることが、その情報を欲している人の「価値」となります。その「価値」を受け取った人は、自分でその先を学ぶことも出来るし、逆にそんな人に、お伝えできないことをコンサルティングすることも出来ます。

そうやってコンテンツ化するエネルギーが、「時間」ではなくてコンテンツという「価値」を生み出すのです。

AdobeStock 132148451

一旦コンテンツ化したら、それが10個売る労力と、100個売る労力は、決して10倍にはならないはずです。1000個売る労力も100倍にはならないはずです。

もちろん「売り方」と言うのはありますが、コンテンツ化をするエネルギー。売り方を覚えるエネルギーを書けることで、「価値」を売るビジネスができるようになります。

IT/パソコン, WordPress, ブログ, マーケティング, 仕事

名古屋に来ました。お友達に一杯会ったし、新しいご縁も出来ました。明後日の台風大丈夫かな…講座なんですが…

Webマーケティングコンサルタントのお仕事

僕は、Webマーケティングコンサルタントと名乗ってます。

ほぼほぼ、ホームページを作る仕事が多いです。そこで大事にしていることは昨日のブログに書きました。

お客様に寄り添い言葉とデザインを絞り出す。これが僕のWeb制作。

(※ホームページ、本当はWebサイトの方が正確な言い方ですが、わかりやすいのでホームページと書きますね。)

その他にも必要な人にはメルマガ、ニュースレターの発行に仕方、Facebookページの作成等もお手伝いしています。

AdobeStock 85527029

ホームページを作る相談で最初に聞くことは

  • なんのためのホームページですか?
  • お客様は誰ですか?

です。ですが、実はここに窮する人も結構多いのです。大事なのは、答えに窮して、自分が考えるポイントに気づくこと。

例えば、僕がホームページ作りをします。対象は女子高校生です。と言うと違和感あると思います。そもそもホームページ作りたい女子高校生とどうやって出会うの?って。

AdobeStock 80389127

ですが、実はそんな答えを言う人結構多いのです。最初からそこにアプローチする手立てがある人は大丈夫です。答えが自然で、導線が繋がっていて、きちんとお客様が来るまでの道筋が見えているので。

でも、どこかが不自然だと、どうやってそのお客様と出会うの?そのお客様のお悩みは何?と問うていくとどこかでつまります。

だから駄目だと言いたいわけじゃなくて、こうやってホームページを作ろうと思って、お話をしていくことで、自分のビジネスに関してはじめてフォーカスできるのです。

僕がやっていることはほぼほぼビジネスコンサルタントです。

自分のビジネスが、ある程度決まっている人は、ホームページ作りも早いし、僕はどちらかと言うと、エンジニアとして、ホームページの機能、設定、デザインに注力できます。

ですが、そんな人はごく少数で、ほとんどの人は、ビジネスのコンサルティングをしています。どんな商品が良いのか?どんなターゲットが良いのか?どんな値付けが良いのか?そもそも何をビジネスにするのか?

もう、一緒にビジネスを作っているイメージです。僕の視点を加えて、より幅広い意見や、僕が感じていることまでお伝えして、ホームページを作り上げていきます。

Dollarphotoclub 71828194

ホームページを作ることで自分のやりたいことが見えてくる

ホームページを作ることで、自己紹介、サービス内容を実際に入れるページを作ることではじめて、その具体的な内容を考え始めます。

一人でも良いのですが、一緒に作る人がいて、その人にお話を聞いてもらうことで、色んなアイディアが出てきます。

自分のビジネスを漠然とやりたいな〜と思っている人も、もしかしたらホームページを作り始めることで、その思いが加速するかもしれません。

AdobeStock 97659048

ホームページの運営は少しずつ慣れていくもの

ホームページってお店みたいなものです。何も手をかけないと、ホコリをかぶったようになります。全く更新がないページがお金を生み出すことってあまりありません。

もちろん、そういうページもあります。

AdobeStock 85731355

ですが、多くの場合、定期的に手をかけてやる。お知らせをアップしたり、新しい情報を追加したり、写真を入れ替えたり。

そんなことをする必要があります。それらのことは直ぐにできるようには、中々ならないんですよね。

だからこそ、早めに慣れて少しずつ手を加えていくのが良いんですよね。自分のビジネスをしている人、将来したいと思っている人。

そんな人は、是非今からやってみる事をおすすめします。

IT/パソコン, Webデザイン, WordPress, マーケティング, 言葉

ここ数ヶ月の僕の仕事のテーマが「眼の前の仕事に最善を尽くす」です。まだまだこの言葉に程遠い日も正直あります。

ですが、今までの仕事人生でここまで、やりきっている感覚も実は殆ど感じたことがありませんでした。

言葉を捻り出す。これを一番大事にしています

言葉とデザインを捻り出す。特に言葉はとても大事にしています。読んで下さる人の立場に立って、何を一番知りたいのか?

これを想定し、それに対して依頼者の言葉、想い、を紡いでいきます。

読み手を代表して質問をし、次にその質問に対する依頼者の想いを言葉にするのです。依頼者の方はその想いを自分と向き合い紡いでくれます。

その口から出た言葉を一度、僕の中で咀嚼し、読み手に一番伝わりやすい言葉を選び、文字に起こしていきます。それを依頼者の方に読んでいただき、二人で一文一文定着させていくのです。

 

言葉を紡ぐ。それは読み手と依頼者の間にある細い細い紐の上の綱渡り

こうやって言葉にしてみると、読み手と依頼者の間にある細い細い紐の上を、綱渡りのように言葉を繋いでいく作業だなって想います。

てにをは 1つ間違えても、伝わるニュアンスが違う。使う言葉ひとつ変えると、同じ意味でも、与える印象が違う。

依頼者が、僕の紡ぐ言葉に「そう、それ」と腑に落とす時、はじめて言葉が定着する。こんな作業を延々としています。

3時間かけて20行とか普通にあります。

ですが、こうやって言葉を紡ぐからこそ、依頼者の想いが伝わるのだと想います。

AdobeStock 130492438

見た目のデザインは依頼者の表現を協力にアシストする

見た目のデザインもとても大事にしています。僕は元来デザイナーではありません。ですが、Webサイトの印象を決める、色、フォント、写真はとても大事にしています。

色とフォントはサイト全体の雰囲気を決めます。優しかったり、エレガントだったり、シンプルだったり、機能的だったり、楽しかったり、激しかったり。

そして随所に入れ込む写真が、読み手の理解の手助けになります。

さらに、Webサイトの配置は、伝える情報に重要な影響を与えます。これらも最新の注意を払いつつ、「読み手に伝わること」を第一義に選びます。

AdobeStock 118697337

時間がかかります

正直どれも時間がかかります。チョチョイのチョイって出来そうですがそんなことはありません。

適当にやればそれでも出来上がります。ですが、魂は細部に宿る。これは本当でその細部の積み重ねが最後、お客様に届く、到達率を上げると信じています。

AdobeStock 70249003

時間がかかりすぎると思う方もいらっしゃると思います。ですが、これが僕のWeb制作なのです。

オンラインセミナー作ります, マーケティング, 仕事, 書くことは、生きること。, 自己改革, 言葉

いろんなことを考えていると『そもそも論』になります(笑)

なんで生きているのか?に繋がることなのかもしれません。

例えば僕がなんでオンライン講座を作るのか?もその根本を考えていると、自分が一番大事にしたいことはそもそもなんだろう?と言う問いにたどり着きます。

僕が一番得たいモノ

マジュロでで味わったこの上ない幸福感

僕が得たいものは感覚。とにかくこの上ない幸福感。以前も書いたけど、

僕が今、求めている「感覚」を言語化する事を試みてみた

マジュロ島のホテルのベランダで感じたあの幸福感。風に吹かれながら気持ちいい!って感じたあの感覚が欲しいです。

自然の中で心地よい風に吹かれ、それを感じていたいです。傍らに一緒にその幸福感を感じられる人がいたら最高ですね。

リンクスでの生きてる感

日本では殆どゴルフに行かなくなりました。行きたいという気持ちもないんですよね。でも実は海外はあります。スコットランド、アイルランドのリンクスはちょっと行ってみたい。

 

以前行った時に感じたあの「生きてる感」台風のような風の中、風に翻弄されながらボールを打っていく感覚。なんとも言えないんですよね。「生きてるぞー!」って感じました。

あの感覚を得たいです。

全力を出し切って結果を得た感

自分がどうしても達成したいプロジェクトがあったとします。もう絶対に達成したいわけです。うんうんうんうん苦しんで…で結果が出た時。そんな瞬間を味わいたいです。

これ、過去に味わったことあるかな?って考えたんですが、どれも全力では無かった気がします。なんか全力出しきった感が欲しい。

AdobeStock 123457656

そして仲間とその喜びを味わいたい。そんなことを思っています。

自由

自由は大事です。自由って何かな?って考えると「自分でやることを、自分で決めること」だと思っています。会社をやめて一番変わったのはこの部分。

人から与えられた事をしているのか?それとも自分で能動的にそれを選んでいるのか?これが今の僕にとって一番大事なことなのです。

AdobeStock 82535455

こうやって考えてみると

僕が欲しいものって『感情』なんだなって思います。それらの感覚を味わいたくて生きているんだなって書きながら理解しました(^^)

僕が与えたいもの、伝えたいモノ

以前は伝えたい!って気持ちが凄くありました。ですが、今僕の想いは置いておく。が的確に表している気がします。

僕が伝えたいこと、知ってほしいこと、与えたいことをポンと置いておいきたい。判りやすく、でも目障りでなく。

それを必要な人が持っていったり、買ってくれたり、一緒にやりたいです!って言ってくれたら嬉しいですね。

自分の人生を生きたほしい

人は、幸せになるために生まれてきた。とは言いづらいのだけど、でもできるだけ沢山の人に、幸せな思いをしてほしいと思います。幸せってとても抽象的な概念だけど、自分の人生を自分で選んで生きてほしいと思っています。

他人から言われたことだけで人生を消費しない。どんなことでも最後は自分がやると決めた。そんなことを積み重ねることが自分の人生を生きることだと思うのです。

AdobeStock 98725875

書くことの大事さ

とにかく書いたら良いなって思うんです。

書くとは考える事。自分の問いを立てて、それに関して、心赴くままに書くってとっても大事なことだと5年間毎日書き続けて痛感してきました。

頭で考えることと、紙に書いて考える事って全然違います。頭ではかなり曖昧に考えていてもそれで大丈夫なんですよね。

でもそれを文字として書き出すと、ある言葉の次の言葉が出てこなかったり、論理が破綻したり、はたまた矛盾が見えたり。色んなことが見えてきます。

そこで、立ち止まって整理すると自分の考えに芯が通ってくるんですよね。

Dollarphotoclub 2720548

情報発信の大事さ

自分らしい人生を生きたい。これって皆思っていることではないかな?って思うのです。自分らしく生きるのに、のほほんと毎日、文字通り遊んで暮らすって出来る人はそれほど数は多くないって思うのです。

そんなこと出来るのは、資産家、投資家、ほんとに一部の若い頃に頑張ってお金が稼げた人。多くの人は自分が生きていく為のビジネスが必要不可欠。

どんなビジネスをするにせよ、どんなビジネスをしているのか?をお伝えする事は必要です。

しかしどうやって伝えて良いのか?って今まで学んできた人ってほとんどいないと思うのです。

僕もまだまだ、この部分は日々トライ&エラーですが、この部分は多くの人に知ってほしいなって思います。

AdobeStock 75822634

こうやって書いてきたけれど、自分が大切にしたいことって中々言語化することが実は無かった気がします。自分が自分に向けて大切にしていること。自分が他人に向けて大切にしてほしいこと。

今日時点での自分の気持がわかった気がしました。

IT/パソコン, WordPress, オンラインセミナー作ります, マーケティング, 仕事, 書くことは、生きること。

僕から聞きたいことはなんだろう?

僕が動画コンテンツをお届けする時に、僕からどんなことが知りたいのだろう?

一番はやはりホームページの作り方かな?と思う。

Dollarphotoclub 80389127

それも思っていることは、

  • そもそもホームページが必要なのかわからない
  • ホームページを作っても管理できそうにない
  • とにかくホームページが必要(と思っている)
  • ホームページを作るならきれいなのが欲しい
  • どんな文章を乗せたら良いのかわからない
  • どうやって売上につなげるのかがわからない

こんなところでしょうか?

その先に本当に知りたいことがあるはず…

そしてその先にあるのは、自分の好きな事でビジネスをして自分らしく生きて行けたら良いな。って気持ちがあると思います。

そして僕への興味として「どうやって食べてるの?(稼いでいるの?)」とか「サラリーマンの給料がなくなってからどうやって今の生活に移行したの?」だと思うのですよね。

そんなことを考えつつ、どんな人にどんなところをお伝えするのが良いのか?を考えてみたいと思います。

AdobeStock 118939982

まず知りたいこと

表面的に知りたいことってホームページの作り方だと思います。パソコンの使い方もあるか…

  • ホームページの基礎知識
  • ホームページの作り方(デザイン)
  • ホームページの作り方(コンテンツ)
  • ホームページの維持管理の方法

この辺はベースとして抑えておきたい所。世の中には沢山本があるし、ホームページもある。きっと動画コンテンツだってあるはず。なので、ちょっと新しい切り口が欲しい気がしますね。

この辺は、ちょっとWebサイトで書くのは、気が引けるな〜。メルマガで配信しようと思います。

その先に知りたいこと

そしてその先に、本当に知りたいことや、ホームページの基礎を知った次に知りたいことってあります。そんなことをイメージしてみます。

  • ホームページへの導線
  • メルマガについて
  • ネットで商品を売ること(デジタル商品、物販)
  • ネットで読まれる記事の書き方
  • 10万PVメディアの作り方
  • SEO対策
  • Google Analyticsの使い方
  • Google Search Consoleの使い方

その周辺にある興味関心がある部分

  • サラリーマンからの起業の方法
  • 自分の好きな事で起業をする方法
  • 自分の好きを発見する方法
  • 自分が起業できるネタを発見する方法

なんか色々と書いてみました。自分が今すぐできることもあるし、自分がこれから習得した技術もあります。こんな事がコンテンツ化出来たら良いのかもしれませんね。

動画に適したものもあるし、音声の方が良いものもきっとあると思います。

細切れが良いか、一気にが良いか問題

それぞれの商品を細切れに売るほうが良いか?それともひとまとめに売ったほうが良いかって問題もありますよね。

トピックが違うものは別々に売ります。これは自明だとお見ます。ですが、関連性のある商品はどう売るのか?

  • 細切れに売る
  • セットで売る

ってここまで書いて、細切れに商品を作りつつ、それぞれ関連させて、セット販売出来たら一番良さそうです。と言うことでどこまでが1セットになるのか?が大事そうです。

でもその前に

こうやって考えてみると、それぞれの講座は微妙に関わっています。一つ一つ独立させることも出来ますが、出来ることなら、流れの中で作っていきたい。

僕がどんな道筋を通って、どんなことを考えて、どんなことを学んで、その時に何をしたのか?それを一旦まとめて書いてみる。

そこにこれらの事を当てはめてみる。そんなことが出来ると、流れができていいかなって思います。

AdobeStock 83143842

本を書く時や、講座をする時に「構成」を考えるように、ざっと構成を考えてみるって事が今この時点で大事だなって思うのです。

実はマツダミヒロさんの今回のオンラインスクールマスター講座のプロモーションの裏側を見せていただいています。

最初からではないけれども、途中で講座の構成を書いた資料をシェアしてくださいました。書籍を作るにしても、動画を作るにしても、講座を作るにしても、ホームページを作るにしても。

どこかの時点で、構成を考えるポイントが有るはずです。

まずはそんなものを作ってみようと思います。

IT/パソコン, SNS(Facebook/Instagram/Twitter/LINE), WordPress, オンラインセミナー作ります, ブログ, マーケティング, 仕事, 書くことは、生きること。

昨日、オンライン講座を作りますと書きました。

そこで浮かんだ疑問が、どんなコンテンツでもオンライン講座になるのか?です。

基本、

  • コンテンツ
  • 配信方法

は分けて考えたほうがいいと思うのですが、それぞれの配信方法に見合ったコンテンツというのはあるような気がしています。

AdobeStock 55428850

配信方法

配信方法は

  • メール(ステップメール/メルマガ/ニュースレター)
  • Webサイト(この場合、静的なテキストのみ)
  • 音声
  • 動画

と大きく4つあります。それぞれの特徴を書いていきます。課金のしやすさ云々は今回は省きます。

メール(ステップメール/メルマガ/ニュースレター)

メリット\立場 読み手 情報発信者
メリット
  • メールで届く
  • スマホ、パソコンで見れる
  • 基本テキストメール
  • 表現力は限定的
  • 希望のタイミングで能動的に情報を送信できる
デメリット
  • 文章を能動的に読む必要がある
  • 読み手が読みやすく書く必要がある
  • テキストメールだと、図表を入れられない
  • 読み手のメール環境が色々あることを考えるとHTMLメールはあまりおすすめできない

Webサイト

メリット\立場 読み手 情報発信者
メリット
  • メールで届く
  • スマホ、パソコンで見れる
  • 図、写真、音声、動画が使えるので情報量が多く、わかりやすい
  • 画像や、文字の装飾が出来るので表現しやすい
  • 動画や音声を入れることも出来る
デメリット
  • 文章を能動的に読む必要がある
  • 読み手が読みやすく書く必要がある
  • 表現力が豊かな分、素材の準備が大変
  • 読み手が見に来ないと読んでもらえない

音声

メリット\立場 読み手 情報発信者
メリット
  • スマホ、パソコンで聞ける
  • どこでも聞ける。運転中、通勤中、歩行中、料理中 等
  • 音声はどんどん流れていくので、受動的で良い
  • 話すだけなので、慣れれば作るのが楽
デメリット
  • 基本視覚的要素はない
  • 事前に話すことの準備が必要
  • 録音する必要がある。機材が少しだけいる
  • 配信はテキストより少しだけ、難しい。(慣れてしまえば問題なし)

僕は音声と言う媒体はとても好きで、何度も聞いて、カラダに染み込ませる様に聞く。ボーッとしていると聞きそびれることもある。

動画

メリット\立場 読み手 情報発信者
メリット
  • スマホ、パソコンで聞ける
  • 視覚的要素も入るので、わかりやすい
  • 動画はどんどん流れていくので、受動的で楽である
  • たくさんの情報を盛り込める
  • 視覚的要素が取り込める。これが最大の利点
デメリット
  • 動画を見る時間を取る必要がある
  • 動画を取る必要がある
  • 事前に話すことの準備が必要
  • iPhoneやPCでも出来るけどマイク等少し機材がいる
  • 配信はテキストより少しだけ、難しい。(慣れてしまえば問題なし)
  • 雰囲気作りが大事。or 資料を画面に出しておくか

僕の場合を考えてみると

ContentMarketing

今回のオンライン講座は動画なのですが、僕ができそうなものの中に、ソフトウェアの操作方法とかが盛り込めるとかなり有益だと思います。

音声やテキストでは難しい。

Webサイトは情報は盛り込めるのですが、読み手の負担が、動画よりはありそうです。

と言うことで、WordPressを使った売上に繋がるWebサイトを作る方法と言うのは結構いい感じかと思います。

IT/パソコン, SNS(Facebook/Instagram/Twitter/LINE), WordPress, ブログ, マーケティング, 書くことは、生きること。

2017年8月1日より、始めたこのブログ。旧ブログを別サイトに置き、新たにサイトを作りました。

古いブログでよく読まれた記事は順次、こちらのブログに記事を移行しております。

人気ブロガーになりたい

5年間、もうすぐ2000日、毎日情報発信をしてきました。書くことには慣れたけど『もっと多くの人に読まれたい!』って思います。

人気ブロガーになりたいわけです。

AdobeStock 100994002

人に読まれる記事がどのように書かれているのか?知識では知っています。でも体感覚で理解したいんですよね。

もしも自分で『読まれるブログ』『読まれるメディア』を構築できたら、それは僕のWebマーケティングのお手伝いをするお客様、デジタルマーケティングをするお客様にも凄く役に立つと思うのです。

まずは月間10万PV(ページビュー)を目指して色々と施策を打ち、その結果がどうなったか?を検証してそれをニュースレターとして配信します。

もしもそれを読みたい!と言う方いらっしゃいましたら是非ご登録ください。もちろん無料です。

都道府県

※PV(ページビュー)とは、ウェブサイト内の特定のページが開かれた回数を表し、ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標です。

SEO HACKさんのページより拝借

PV(ページビューとは?) | SEO HACK

参考にするのはこの書籍

いくつものブログ本がありますが、僕が参考にするにはかん吉さんのこの本です。

一つ一つの事は、知っていることが多い。だけど知っているだけでブログのアクセスが上がるわけではなく、きちんとそれを実施してはじめて上がる。

それぞれの施策の裏に隠された本当に意味を体感し、それを言語化していきたいです。

だからちょっとずつ本書を読み、実施してどんな反応があるかを知りたいのです。

出来ることはなんでもやる

僕はどうも、今までなんかケチっていたり、力を緩めていたり、「とりあえずこれでいいか(ちょっと残念な感じで)」って思って力を緩めていた気がします。

力んでいれば良いわけでは無いですが、『力を入れず、手を抜かず』と言う好きな言葉があって、この言葉の意味する所を自分なりに理解して活動します。

ブログのコンサルや、セミナー、書籍等も活用したいと思っています。

AdobeStock 142785974

大事にしていること

10万PVプロジェクトと銘打っていますが、10万PVの数字が大事なわけではありません。大事なのは、読んで下さる人にとって有益な情報であること。

その記事を読んでくださって、楽しい、面白い、気付きがあった、学びがあった、なるほど!、元気もらえた!理解できた!こんな事が多くの人に読まれる原動力になると思います。

そのためには、読んで下さる人を喜ばせるには?と言うとても基本的で大事なことが含まれている気がします。そして読んで下さる人の中で、最も大事な一人は、自分。もうちょっと詳しく言えば、少し前の自分かと思います。

日々、僕がどんな情報が欲しくて、どんなことが知りたくて、それによって何を得たいのか?

そんなことを大切にする。

そこをベースにしたいと思います。

かん吉さんからもこんなツイートをいただきました。ホントありがとうございます!

10万PVの数字的根拠は大してありません。かん吉さんの以下の電子書籍が45万PVなので、そこから最初の目標として10万PVを目指すことにしました。

人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術

皆様のご登録お待ちしておりますm(_ _)m

都道府県

他に参考にしているもの

他にも参考にしているものがあります。いかに列挙しておきますね。

ブログ

わかったブログ

More Access! More Fun!

Leading & Company

沈黙のWebマーケティング

沈黙のWebライティング

EX-IT

メルマガ

永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ

書籍

等々。何か有益な情報があったら教えてください。

10万PVへの道、ニュースレターで配信します。

都道府県

マーケティング, 書くことは、生きること。,

博多の一蘭で衝撃の体験をしてきました。マーケティングと書きましたけど、UX(User Experience)の方が学べます。(※UXだとスルーする人多いかな〜って思って…^^;)

博多ならラーメン

博多に来たら何を食べようかな〜って考えても出てくるのは、博多ラーメン(久留米、長浜、博多の3系統があるらしい。これマメw)、モツ鍋、水炊き、明太子(笑)

もうちっと具体的なの出てきませんかね(笑)○○のモツ鍋とか。せめて。

朝ごはんも羽田で少し食べたけど、福岡に来るとやっぱりラーメン?って感じで食べたくなるのでホテルにほど近いラーメン屋さん探しました。

博多ラーメンランキングおすすめ人気ベスト10【博多駅周辺2017年版】

なんてページも見ながら…

博多駅周辺のラーメン屋さんを探す

ランキング一位の一風堂。前職の会社の入っているビルの近にあったので何度も通ったお店。しかもシンガポールにも数店舗あって何回か食べに行きました。

本店は何か違うのかな〜と思いながら駅の反対側なので今回は断念。

で2位の一蘭。近いし、でもチェーン店だしな〜なんて思っていまいち気が進まず。

どうせ写真撮るなら6位のラーメン住吉亭とか魅力的だよな〜って思ってググったらかなり遠い。そこまでのモチベーションなし。

で、一蘭に到着

一蘭

Webサイトも凝ってる!

まあ一蘭でいっかってことで一蘭行ってきたんですよ。ビルに着いたら地下2階。太陽欠乏症の僕は、日が入らないのか〜なんて思いながらお店へ。

IMG 2120

なんと既に並んでる…地元の人にも愛されているんだな〜なんてまだまだゆるい気持ちでいました。5〜10分ほど並んだでしょうか?やっと中にはいれて食券を買います。

普通のラーメン+半熟塩ゆで卵のセットで1,020円!博多ラーメンで1,020円ですよ。かなり強気の値段設定です。その後、ラーメンの好みを紙に記入して席へ。

IMG 1499

食券買って、自分の好みを紙に書いて、いざ中へ…

なんじゃこりゃー

なにやらちょっと怪しい感じのブースのような所に通されます。完全個人スペースです。カップルとかグループとか関係ありません。

コミュニケーションとかせずに、ラーメンに集中せよ!と言うメッセージが伝わってきます。

IMG 2122

ちょっと異次元体験で写真に夢中でラーメンに集中できませんでしたが(笑)

両脇も仕切りで遮られ、店員さんの顔も確認できません。まさに「個人」のスペース。

ブースはどうなっているかというと

左側の壁には追加オーダーのメニュー。

IMG 2124

左前にはお水が注げる蛇口が。(赤いところから水が出ます!)

スクリーンショット 2017 08 18 19 38 19

正面には、追加注文用のボタンがあります。

IMG 2127

右側の仕切りには持ち帰り用のラーメンの案内と、アンケート用紙まであります。

そしてラーメンが運ばれてきました。じゃ~ん!

IMG 2129

なんと完璧なラーメンだけを堪能する時間を過ごすスペースが出来ました!

さ・ら・に!

追加で注文できるお茶の名前がすごい!『脂解美茶(しかいびちゃ)』いや〜ついつい頼んでしまいそうです。(頼んでませんが…)

そしてお箸の入っている袋が!追加のオーダー用紙になっていて書くペンまで用意されている!

IMG 2134

この用紙に○つけて、先程のボタンを押して追加注文します。

そして食べ終わって爪楊枝がほしいなと思っていると…
スクリーンショット 2017 08 18 19 37 22

あるじゃないですか!出口の所に!いやもうね、既に立って帰り際、爪楊枝ほしいなぁと思っている所に爪楊枝!もう完璧!な訳です。

ユーザー体験とはこういうことか!

一蘭に行って出てきた言葉が、ユーザー体験(UX User Experience)でした。席に座ったときの驚きから、ラーメンを食すために作られた完璧なブース。そして、出口間際での、ちょっとじらして出て来る爪楊枝!

もう最高の気分でお店を後にできるわけです。僕の仕事もまだまだまだまだまだまだ、できることが一杯あるな!って思ったんですよね。こうやってブログに書きたくなるんだから、本当にすごいです。

最初払ったお金は、博多ラーメンとしては高めの1020円。しかしお店を後にして残る思いは素晴らしい!の一言。期待を大きく上回るどころか、期待をメチャクチャいい方に裏切りまくる!これはホント凄いな〜って思いました。

で!お味は?

バリ硬で頼んだ細麺の歯ごたえ。博多ラーメンを食べたい!って気持ちを満足させる豚骨スープ。そして一蘭を象徴する真ん中にある辛味のある秘伝の赤いタレをまぜると、絶妙な辛さが味にバリエーションをつけてくれます。文句なくウマイ!

IMG 2132

期待を大きく上回るってこういうこと

常々、お客様の期待を大きく上回る!って気持ちを持っています。とは言え、それを体感レベルではわかってなかったと思います。(至らないことの方がずっと多いし…)。

自分の好きなこと、得意なことでビジネスをするには、期待を大きく上回ることがとても大事。でもそれは『言葉』ではなくて、『体感』として分かる必要があるなって思いました。

一蘭のラーメンはそんな体験をさせてくれました。

でも、『当たり前のことを当たり前にする』ことのほうがもっと大事

確かに期待を上回る。これすごく大事。でもその前に、『当たり前のことを当たり前にする』がもっと大事です。先日もご迷惑をかけてしまいました。

きちんと連絡する。締切に遅れない。こんなことが出来るだけで多分上位数%には入れるのでは?これが実感です。

※自分に言い聞かせている様なエントリーです…

マーケティング, 書くことは、生きること。,

ブログ、メルマガを通じて1900日以上情報発信をしています。でも一つ課題と言うかジレンマがあります。それは

1900日更新して、自己変革はしてきたけれども、それが最近停滞気味であること。

です。

ブログに変更した訳

メルマガからブログにしたいとここ半年くらい思っていました。理由はいくつかあって、

  • なによりも「しっくり」来ていないから
  • 今の時代の影響力はSNSでの拡散力だと思っているから
  • インタラクティブなやり取りがメルマガでは生まれづらいから
  • メルマガでは新しいお客様への情報発信が出来ないから
  • Webサイト/ブログで実際に影響力のある記事を書くことをしてみたかったから
  • メルマガにはテーマがあってそれ以外のことが書けなかった。本当の情報提供になって自分の心に向かい合う時間が欲しくなった。

なんですよね。

毎回エネルギーを込めて書くと言うこと

僕が毎日ブログをお薦めするのは、毎日少しでも自分や言葉と向き合って、それを言葉として「アウトプット」することって自然と出来るようにはならないのです。

毎日一定の時間を取って、実際に文字に書いてみないと、「書く筋力」が身につきません。

さすがに1900日も書いていると「書く筋力」はあるのですが、エネルギーを掛けて書く筋力は、エネルギーを出す事を意識して書かないと出来ません。

毎日ただ走っているだけでは、いつまで経っても速く走れないのと同じです。速くなりたければ、インターバルトレーニングなど、負荷を掛けた練習が必要になるのです。

1900日経って、ようやくエネルギーを込めた文章を書きたいと思えるようになりました。やっと今頃かよ。と思わないでもありません。でもようやくその時期が来たようです。そしてそれは時々出なくて毎日なのです。

目指すところは以下のサイト

More Access! More Fun!

わかったブログ

Books & Apps

更にその先へ

Webコンテンツの世界で有名キーワードでGoogle検索の上位に来たり、SNSで拡散される記事って、1記事30時間〜50時間と相応の時間が掛かっています。

記事のために準備して、沢山の調べ物をして、沢山の本を読んで、構成を考えて、一度自分の中に腑に落として、そしてそこから自分の言葉を紡ぎ出す。

目指すレベルは

リーディング&カンパニー

沈黙のWebライティング

沈黙のWebマーケティング

バズ部

書いた記事が3年、5年とずっと価値を保ち続ける。人々のお役に立ち続ける。そんな記事が目標です。トップ1%、トップ0.1%。そんな書き手になるべく、負荷を掛けて(今は)毎日記事を書いています。

そのためにできる事

時々刻々記

僕の師匠の鮒谷周史さんは、1日に日記ならぬ、時々刻々記を5回〜6回記します。頭の中に「!」と「?」が浮かんだらそれを問いにして、つらつらと書くのです。時間にして5分程度。

「!」とか「?」って心が動いたときなんですよね。自分は何故その出来事に心が動いたんだろう?と書き綴ります。それを積み重ねると、自分の興味関心事が明確にわかってくるし、何に反応するのかもわかってきます。

さらに、それは何故人が動くのか?にも繋がります。

速読

上に記した、夏目力さんは1記事50時間〜80時間掛ける方です。情報の取り方も半端でなく、1記事のために本を15冊〜20冊読みます。1冊1時間と決め、必要な所をどんどんと吸収していくのです。

起業家で読書家の方はとても多いです。良い情報を素早く取捨選択し、吸収する。そんな力が必要です。

エネルギーある記事の積み重ねが自分メディアのブランドとなる

1つの記事でも拡散されることはあります。ですが、影響力を持ち続けるには、拡散される記事をベースに、ある一定レベルの記事を定期的に掲載することが大事です。

そんな記事がまとまって、そのメディアが価値あるものになります。影響力のあるメディアを持てることが、色んな自分のビジネスに広がりを与えてくれます。

そんな自分メディアを目指して記事を書いていきます。