行動を変えるのは『言葉』でしかない。想いも全て言葉に出る。

書くことは、生きること。, 自己改革書くことは、生きること。, 自己改革

昨日宣言しました。

行動を変えるのは『言葉』でしかない

自分の思考の癖は必ず『言葉』に出ます。自分は変わったと思っても、ほとんどの人は何かしらの『言い訳』を言葉に出します。

  • 昔●●されたから
  • 昔●●を経験したから
  • 今●●だから
  • まず、●●をやってから
  • 愛の選択、恐れの選択
  • 自分にご褒美

これらの言葉を『都合良く』使うのです。

でもそれ、自分で中々気付けないんですよね。

それを気付かせてくれる人

それを気付かせてくれるのは、『他人』です。自分が『信頼』出来る人、または信頼出来る人がお薦めしてくれた人です。

誰でも良いわけじゃないです。自分が信頼出来る人でないと、いくら正しいことを言われても自分が信頼出来ないんですね。

信頼出来る人を探すポイントはその人が発する『言葉』です。ホントそうだよね。って自分がココロから思える人。そんな『言葉』を発してくれる人。

それがポイントだと思います。

何故、その人は自分の言葉を『都合良く』使っている事に気付けるのか?

自分が使っている言葉に『都合良く使っている事』『言い訳を言っていること』に気付くのか?

それは、僕が発した言葉に『違和感』を感じるからです。僕自身と、僕が発する言葉と、信頼出来る人の中にある『当たり前の思考』が合致しないからです。

それも言葉で伝わるのです。ですから、その違和感を相手に伝えるだけで良いのです。

それは人によって

「●●に聞こえるよ」って指摘してくれたり、
「例えば●●って考えてみたらどう思う?」って質問にしてくれたり、表現方法はいくつかあります。

ですが、それらの言葉を聞いて『素直』に聞き、受け取り、受け入れる事が大事です。

信頼出来る人を探す方法

信頼出来る人が見つからないってあります。遠くにいても身近にいないって人もいます。

でも、実は自分のまわりの人は、あなたの違和感に気付いていると思います。ただ、伝えないだけ。

伝えるにはエネルギーいるし、面倒だし、そもそも相手がそれを望んでいるかもわからない。

だから伝えてくれません。それは身近な人でも同じです。近ければ近いほど、その人の日常生活に影響するので相当関係性が良くないと、中々言ってくれません。

そこで大事なのが「自分を開示」すること。もっと言えば、「自分の弱み」を見せる事。だと思うのです。

人は、弱みを開示してくれる人に「本当の信頼」を寄せる気がします。もちろん良いところもお伝えするのは大事ですが、弱みって中々開示できないだけに、だからこそ開示された人は、なんか信頼された感じがすると思うのです。

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?