仕事, 書くことは、生きること。

沖縄の前から、ガンガン予定を入れていました。

とにかく予定を入れまくった

沖縄の前から、本当に予定がパンパンです。9月28日に1日ほぼ何もしない日がありました。

でもまた色々と予定があり、その影響がブログに出ています(^_^;)

アイキャッチ画像も入れる気力がないほど。まあそれも僕のブログの実験の内。とにかく文字を書いて、アップして寝る。

ほとんどの日は、エネルギーの限界と言うよりはエネルギー切れ状態でアップしています。

限界が体感覚としてわかる

こうやってずっと予定があると、自分の限界が体感覚としてわかります。コンサルティングは1日2名が限界。

Webサイトの打ち合わせは1日1人が限界。もちろん無理が効く日はあるけど、その反動が来ます。

でもこうやって毎日予定が入るから限界が分かるんですよね。

以前お願いしていたパーソナルトレーナーの筋トレも、80%の重りを、回数上げて最後は限界を振り絞りました。

限界がわかるから自分の心地よいポイントも探れる

限界があるから、自分の心地よいポイントも探れるのですよね。コンサルティングは1日3名。頑張ればいけます。1日なら行けます。

Webサイトの制作打ち合わせも1日なら1日2名行けます。

でもこれが毎日続くと睡眠が浅くなり、集中力が欠如していく感覚があります。特にそれをやった日の睡眠は浅く、翌日はそこそこのダメージがあります。

きっとブログを抜けばそれはそれで余裕ができるのかもしれませんが、ブログを書かないと言いう選択肢は無いので、毎日いいブログを書くための過ごし方というのも確立する必要があります。

そして課題がわかってくる

こういう状況を経ることで、自分の課題もわかってきます。僕の場合は

  • 緩む時間と作ること
  • きちんと寝る環境を作ること
  • 時間管理をすること

です。仕事って一度極端に降ると面白いほど、自分という人間がわかるように思います。自分という人間がわかることで、自分が心地よい状況を作る事もできるのです。

是非一度限界まで仕事をして見る体験をする。これも必要な経験と思います。