書くことは、生きること。, 自己改革

そもそも「書く」ってどういうことなんでしょう?今日はそんなことについて考えてみました。

「書く」ことで実際にしていること

実際に書くことでしていることって、何でしょうか?

  • 今、気になることを、考えること、気付くこと
  • 最近気になったこと、良かったこと、学んだことを復習すること
  • 自分の思いや考えを深めること
  • 考えをまとめること
  • 自分の思考に名前をつけること(付けられると言葉一つでその思考が思い出せる)
  • 表現したいことにぴったりの「言葉」を探すこと
  • 自分が伝えたいことを伝えること
  • 遠くの人に伝えること
  • 時間を隔てて伝えること
  • 自分が得意なことで人様のお役に立つこと
  • 自分の収入を得ること(直接的に、間接的に)

などなど…

つまり…

つまり書くことって、生きることそのものだと思うのです。もう少し言えば、よりよい人生を生きること。だと思うのです。

人間が他の動物と違うことは、高等な言語を持っていることです。言語を持てたことによって、他の動物と違う進化を遂げることが出来ました。

それくらい「言葉」には、強い力があります。

さらに…

ある出来事に対して、言葉を綴っていくと、あるその出来事が経験となります。忘れてしまう出来事じゃなくて、記憶に残る出来事になります。

すべての出来事を経験化出来るわけでは無いですけど、でも歩留まりはずっと良くなります。

そうすると、同じ時間を過ごしても、自分の中に残る量が圧倒的に増えるのです。

言葉を綴っていくと、どんどんとそれが積み重なっていきます。それが自分と言う人間を作っていき、自分で自分のことを理解する手がかりになります。

「書く」と言う作業はもしかしたら、自分の体験を増幅する「増幅装置」なのかもしれません。

こうやって、自分の中で「書く」ということの理解が自分の中でかなり深まりました。

「書くことは自分の体験を増幅させることである」

「言葉は増幅装置である」

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

あなたのブログを毎日読んでコメントします。ブログコンサルティング
ご興味ある方は是非!

〜〜〜Shu's BOXからのお知らせ〜〜〜

自分らしく毎月30万稼ぎませんか?