文章術, 書くことは、生きること。, 自己改革

毎日ブログを続けてきて、一番大きな成果は「言葉が躾けられた」ことです。

2000日毎日ブログが凄いのか?

ブログ毎日更新2000日。「凄いですね!」って言われます。もちろんその人がそう感じてくれるのだから、素直に嬉しいです。僕もちょっとだけ凄いなって思います。自分で自分を褒めてあげたいです。

でも同時に、僕の回りには、2000日オーバーな人が沢山います。だから、まだまだやりたい事がいっぱいあります。

そんな人達が日常で周りにいると、それは実はそんなに凄くも無いのです。

歴然たる事実は、毎日ブログを更新して2000日経った。

これだけです。これ以上でも無く、これ以下でも無いのです。

ブログでもっと大事な事

ブログでもっと大事な事は、僕の場合、読んで下さる人に必要な情報や気付き、ヒントを受け取ってもらえる事です。タイトルで読んで欲しい人に読んでもらえるように気を付け、記事も読みやすくする。

こんなことがとても大事です。

さらに、多くの人に受け取ってもらえたらより良いなって思います。同じ時間を掛けて、それがより多くの人に届いてお役に立つのならその方がずっと良いわけです。

じゃあそのために何が出来るのか?そんなことを今はよく考えています。

毎日ブログが難しいのか?

毎日ブログ。確かに難しいのかも知れません。2000日前の僕にそれが簡単には見えませんでした。

でも今言えることは、難しいのとはちょっと違うかなって事です。毎日歯磨きって多分そんなに難しくない。毎日お料理もやっているひと沢山いる。毎日お風呂も当たり前だし、毎日睡眠なんてやらない方が難しい。毎日仕事、毎日テレビ、毎日スマホ。そんな人も多いはず。

だから「毎日○○」は、少なくても時間的にはその時間を取るか取らないかだと思うのです。

「難しい」と言う言葉を使うと、やらなくて良い理由を自分に作っているだけのように思います。

そうではなくて、「どんなブログだったら毎日書けるかな?」って言う考え方の方が良いのかもしれません。

今日の一言って事で、「今日は台風。なんかカラダが重いね。こんな日は自宅でのんびりです。」

これだって良いはずです。

形容詞を使う時は少し気を付けて。

形容詞って簡単なのでよく使いますよね。「すげー/凄い」「かっけー/カッコイイ」「うめー/美味しい」。

時にそれは自分の思考の枠を作っているコトがあります。そんな難しいこと出来そうもない。そんな素敵な文章書けない。無理っ!って書いたときちょっとだけ気を付けたいです。

それは自分の思考の癖では無いかな?って。本当かなっ?って

きっと僕にも思考の癖、沢山あります。でも実際に書いてみると、それに時々気付けたりするのです。

事実と主観を分けよう

世の中には、事実と主観があります。僕が2000日書いたことは事実。だけどこれが凄いかどうかは主観でしかありません。あっやってみたいって思ったのなら、どうやったら出来るかな?だけ考えれば良いのです。

難しいとかムリッ!って言葉は、自分の主観でしかありません。だけどそんな言葉がやる気を遠ざけます。

事実と主観。是非意識して見て下さい。