書くことは、生きること。, 自己改革

「書く」ことのメリットってここ数日書いてきました。

では実際に「書く」事を習慣化するにはどうしたら良いでしょうか?

2つの「書く」

僕は「書く」には2つの方法があると思っています。それは手で書くか?パソコンで打つか?です。

得意な方で良いと思います。直感で好きな方を選んでもらえれば良いです。お気に入りのノートとペンを買って、常に持ち歩くもいいですし、パソコンやスマホで思いついたらメモって形でも良いです。

多分、紙を使った時と、パソコンを使ったときでは書くこと自体も変わってくると思います。紙のほうが自由度は高いともいえます。

ちなみに僕はほぼほぼパソコンです。こちらのほうが慣れているし、言葉も出てくるし早いのです。

最初に書くこと

例えば

  • 何か思いついたアイディア
  • 今日の予定
  • 備忘録
  • 大切な人について
  • 自分の課題について、それをどうしたいのか?
  • タスクリスト
  • ToDoリスト
  • WishList
  • 今年の目標

なんでも良いです。是非それを書き留めて欲しいのです。

言葉が言葉を誘発してくれる

例えば今日の予定を書いたとします。

今日の僕は広島経由で岩国に行きます。おおよその予定は事前に決まっていますが、

始発の新幹線で広島へ。原爆ドーム、原爆資料館を見てから、船で宮島・厳島神社へ

名物を調べて、時間が合ったら弥山へのロープウェイに乗るか?お風呂に入るか?そして宮島から、岩国へ向かいます。

ここまで書くと、そう言えば

  • 岩国に行く電車の時間を再確認しておこう。
  • 広島や宮島で美味しいものは何かな?
  • 温泉は何処が良いんだろう?
  • 荷物は何処かに預けられるかな?
  • その前にブログは書いておこう。
  • そう言えばあの仕事はいつやろうか?

そんなことが思い浮かぶんですよね。

まずは書き始める

今まで書く習慣が無かった人にとって、書くことって、最初はちょっと負荷がかかるかもしれません。

ですが、書くことには本当にたくさんのメリットがあります。

とにかく書き始める。そこからすべてが始まります。